2016年11月05日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

 週間天気予報を見ると傘マークが一つも無い。日によっての気温格差はかなり激しいが、今日は20度近くまで達するとあり、まこと散策日和である。先だっての散策で、暗い場所にあるニシキギの実とエノキタケが良く撮れなかったので、再挑戦とばかりに茅ヶ崎公園へ行った。もちろん華奢な三脚とレリーズを持参したが、ピントはばっちりと合うし嬉しくなった。こんなに良く撮れるんだったら、キヤノンG3Xは手放せないな、一眼レフの出番は無くなるなあと苦笑した。

zaki-20161105-nishikigi-mi.jpg
<ニシキギの実>

 ニシキギは民家の庭等に植栽されているが、ネットを開いて見ると日本や中国に自生するとある。また、名前の由来は紅葉が美しく、錦に例えたことによるらしい。確かに真っ赤に色づいた紅葉は燃えるようである。もう一つの撮影目的のエノキタケは、前回のものはかなり成長していたが、今一絵にならないので撮影は諦めた。その後、生態園入口周辺をうろついたが、なんとクサギカメムシを2匹も見つけた。また、キチョウやウラギンシジミが舞っていた。

zaki-20161105-kusagikamemushi.jpg
<クサギカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/コウヤボウキ、タイアザミ、カントウヨメナ等。蝶/キチョウ、ウラギンシジミ等。昆虫/クサギカメムシ等。キノコ/エノキタケ等。その他/ニシキギの実、クサギの実、ゴンズイの実、ガマズミの実等。
posted by 花虫とおる at 17:54| Comment(0) | 都筑区