2016年11月21日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

 昨日は晴天でとても暑かったが、今日は打って変わっての曇り空となった。予報では午後3時頃には雨が降って来るとの事なので、いつでも車に逃げ戻れる茅ヶ崎公園へ行った。公園内や緑道では紅葉がだいぶ進んで、風が吹くと枯葉が舞っていた。まこと季節の推移は早く、夏場の昆虫シーズンを病院で過ごしていたので、もうジョウビタキやルリビタキの季節なんだなよなあと思う事がしばしばある。やはり四季の移り変わりは、毎年じゅっくりと味わいたいものである。

zaki-20161121-nanten-mi.jpg
<ナンテンの実>

 今日は昆虫の谷から散策を開始したが、再び伸び始めたエノキタケはかなり大きく成長していた。様々な木の実草の実が撮影出来る茅ヶ崎公園だが、今までだいぶカメラに納めて来たので、撮り残しているのはほとんど無くなったのでナンテンの実を撮った。その後、手摺昆虫観察に入ったが、生態園入口の手摺にはほとんど昆虫が見られず、これは困ったなあと尾根上へ足を伸ばしたら、ムーアシロホシテントウ、チャバネアオカメムシ、カネタタキ等が這っていた。

zaki-20161121-muashirohoshitento.jpg
<ムーアシロホシテントウ>

<今日出会った主なもの>花/サザンカ、タイワンホトトギス等。昆虫/ムーアシロホシテントウ、テントウムシ、チャバネアオカメムシ、カネタタキ等。キノコ/エノキタケ等。その他/ナンテンの実、マンリョウの実、ウメモドキの実等。
posted by 花虫とおる at 17:28| Comment(0) | 都筑区