2016年12月07日

神奈川県川崎市宮前区東高根森林公園(午後)

 いよいよキヤノンG3X片手の散策では行く所が無くなった。まあ、茅ヶ崎公園及び梅田川の三保念珠坂公園へ行けば手摺昆虫観察でなんとかしのげるかもしれないが、ほんの小場所なので、NO昆虫の可能性もある。そこで、今日は女房殿が午前中から用事があって昼飯は外食との事なので、思い切って少し遠くなるが隣の市の東高根森林公園へ出かけた。もちろん途中の「すき家」にて、430円のミニ牛丼+豚汁+お新香セットを食べた事は言うまでも無い。

zaki-20161207-ushikamemushi.jpg
<ウシカメムシ>

 散策を開始すると、すぐに大物のハサミツノカメムシを見つけたが、片方の触覚がもげていたので撮影は諦めた。しからば前回も撮ったスジグロシロチョウの蛹をと思って探したが、どなたかに採集されたようで見つからなかった。今日はウシカメムシとコミミズクの幼虫がやたらに多い。そこで散策仲間のご婦人が一番格好良く見えるというウシカメムシのアングルを借用して撮影した。この他、小さいヨコバイの仲間がかなり見られ、また来てみようと思った。

zaki-20161207-futaobihosozukinyokobai.jpg
<ヨコバイの仲間>

<今日出会った主なもの>花/ツワブキ等。昆虫/テントウムシ、ムーアシロホシテントウ、ミナミトゲヘリカメムシ、ツヤアオカメムシ、ウシカメムシ、クヌギカメムシ、ハサミツノカメムシ、コミミズクの幼虫等。その他/シロスジショウジョウグモ、ムラサキシキブの実、ヤマコウバシの実等。
posted by 花虫とおる at 18:11| Comment(0) | 川崎市

2016年12月06日

神奈川県大和市泉の森公園(夕方)

 天気予報通り風が強くなったので、こんな日は泉の森公園しかありませんねと転戦した。いつものように「しらかしの池」へ降りて行ったが、バン、オオバン、キンクロハジロ、ホシハジロ、ヒドリガモ、コガモ、カイツブリが見られただけだった。おまけに風に強い窪地の「しらかしの池」であっても、風が吹き込んで来てさざ波が立ち、のんびりと浮かぶカモの姿は少なかった。夕方になるとワカケホンセイインコの群れが鳴きながらやって来て、欅の実を啄んでいた。

zaki-20161206-hidorigamo-osu.jpg
<ヒドリガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/バン、オオバン、キンクロハジロ、ホシハジロ、ヒドリガモ、コガモ、カイツブリ、ワカケホンセイインコ、アオサギ等。
posted by 花虫とおる at 18:04| Comment(0) | 県  内

横浜市緑区梅田川(午後)

 今日はルリビタキを誘き寄せる仕掛けを2ヶ所程設置するために、自宅を少し早く出た。その為、昼食は久しぶりに「ほっともっと」の350円の海苔弁当と100円の豚汁を買って食べたが、お腹が一杯になってしまった。やはり手術後は少食となってしまったようである。その後、欅の落ち葉が舞い散る道を通って梅田川へ行った。散策を開始すると日溜りにムラサキシジミが舞っていた。また、ムラサキツバメも異なる場所で見られた。

zaki-20161206-irohamomiji-koyo.jpg
<イロハモミジの紅葉>

 例によって三保念珠坂公園の手摺昆虫観察を始めたが、種数も個体数もやはり減ったように感じた。それでも、クロオビカサハラハムシ、クロウリハムシ、テントウムシ、ウスキホシテントウ、ムーアシロホシテントウ、クヌギカメムシ、ウシカメムシ等が這っていた。中でもクロオビカサハラハムシは初見初撮りとなった。その後、チャンチンの可愛らしい葉痕をカメラに納め、色鮮やかに紅葉したイロハモミジを撮影して、車に戻った。

zaki-20161206-chanchin-yokon.jpg
<チャンチンの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/ツバキ等。蝶/ムラサキシジミ、ムラサキツバメ等。昆虫/クロオビカサハラハムシ、クロウリハムシ、テントウムシ、ウスキホシテントウ、ムーアシロホシテントウ、クヌギカメムシ、ウシカメムシ等。その他/ツルウメモドキの実、ムラサキシキブの実、ヘクソカズラの実等。
posted by 花虫とおる at 17:57| Comment(0) | 緑  区

2016年12月05日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

 退院後お風呂の前に体重を量り続けているが、最近、57キロを超える日が多くなった。すなわち退院後約3ヶ月で約3キロ増えたことになる。1ヶ月に1キロ増えている事になるが、確実に60キロまでは行きそうなので、まあのんびりと肥えて行こうと思う。今日は相変わらず撮るものが無いので、貧果必至だが茅ヶ崎公園へ行った。前回に続いてモミジの紅葉を狙ったが、絵になるようには撮れなかった。しかし、暖かい日に誘われてキチョウやウラギンシジミが舞っていた。

zaki-20161205-chabaneaokamemushi.jpg
<チャバネアオカメムシ>

 そこでNOシャッターを避けようとヤツデの葉捲りしてみると、クロスジホソサジヨコバイを見つけたが、撮り易いように洗濯バサミで葉を止めていたら、飛び去られてしまった。そんな訳で手摺昆虫観察しかありませんねと探すと、各種テントウムシ、チャバネアオカメムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、ツマグロオオヨコバイ等が見つかったが、昆虫の最盛期には見向きもしないツマグロオオヨコバイやチャバネアオカメムシだが、丁重にカメラに納めた事は言うまでも無い。

zaki-20161205-tsumaguroooyokobai.jpg
<ツマグロオオヨコバイ>

<今日出会った主なもの>花/サザンカ等。蝶/キチョウ、ウラギンシジミ等。昆虫/テントウムシ、ウスキホシテントウ、ムーアシロホシテントウ、チャバネアオカメムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、ツマグロオオヨコバイ、コミミズクの幼虫、クロスジホソサジヨコバイ等。その他/ゴンズイの実、ムラサキシキブの実等。
posted by 花虫とおる at 18:04| Comment(0) | 都筑区

2016年12月04日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 手摺の昆虫以外に被写体は無いかとスモモの丘へ行ってみたが、スイカズラ、ゴンズイ、トキリマメの実を見つけたが写欲が湧かず、車に戻ってデジスコでカワセミの池まで往復する事にした。しかし、行きはこれといった鳥は見られず、カワセミもルリビタキの雌も不在で、とぼとぼ戻って来ると電線にツグミが止まっていたり、モズの囀りが聞こえて来たりした。更にクルミ広場近くの畑にジョウビタキの雌が現れ、ほっとした。また、雄も現れたが背景を選んでいたら飛ばれてしまった。

zaki-20161204-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキ、カシラダカ、モズ、ヒヨドリ、シジュウカラ、ツグミ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 17:27| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区梅田川(午後)

 深夜から明け方にかけて気温が上がったのか、掛け布団を一枚少なくし電気アンカを弱にしたが、それでも暑い位であった。12月に入ったとはいえ小春日和の日が続いていて、木々の落葉は終わっていないし、なんとなく冬物を撮影する気が起きない。だからと言って秋物の被写体は少なくなっているので、まこと頭を悩ます日々が続いている。そんな訳で、また梅田川の手摺昆虫観察なのと思われそうだが、今のところ確実に被写体に巡り会えるのはそれしかない。

zaki-20161204-ushikamemushi.jpg
<ウシカメムシ>

 散策を開始すると気温が高いからか、ヤマトシジミとアキアカネが飛んでいた。クリスマスに赤トンボを見たい思っているご婦人がいるが、このまま暖かい日が続くと可能かもしれない。例によって三保念珠坂公園の手摺に行くと、コアシナガバチ、テントウムシ、ウスキホシテントウ、ムーアシロホシテントウ、ウシカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、コミミズクの幼虫等が見られた。そこでウシカメムシを横から撮ってみたが、牛を感じさせるのには程遠かった。

zaki-20161204-komimizuku-yochyu.jpg
<コミミズクの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ツバキ等。蝶/ヤマトシジミ等。昆虫/アキアカネ、コアシナガバチ、テントウムシ、ウスキホシテントウ、ムーアシロホシテントウ、ウシカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、コミミズクの幼虫等。その他/トキリマメの実、ゴンズイの実、スイカズラの実、ヘクソカヅラの実、ピラカンサの実等。
posted by 花虫とおる at 17:22| Comment(0) | 緑  区

2016年12月03日

神奈川県川崎市宮前区東高根森林公園

 今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。気になるお天気だが風も無く雲一つ無い晴れで、とても暖かい日となった。これまで何回も12月に東高根森林公園で観察会を開いているが、恐らく今日が一番の散策日和ではあるまいか。年末で忙しい方も多く参加者は少ないかなと思ったが、かなりの方が集まってほっとした。散策を開始すると鳥撮りマンの姿がとても多い。アトリがかなり入っているので、それを目当てに集まって来たようである。

zaki-20161203-kawasemi-mesu.jpg
<カワセミの雄>

 まずは例に寄って手摺昆虫観察を始めたが、気温がまだ左程上がっていなかったので、見られる昆虫は少なかった。それでも、テントウムシ、ウスキホシテントウ、ムーアシロホシテントウ、エサキモンキツノカメムシ、ミヤマカメムシ、コミミズクの幼虫等の他に、私には名前が分からない小さなゾウムシの仲間が2種類、ヨコバイやチャタテムシの仲間が数種、さらに極小のヘリグロチビコブカミキリまで見つかった。大物は居なくとも本当に楽しめた。

zaki-20161203-kihada-yokon.jpg
<キハダの葉痕>

 例によって北口近くの天辺のベンチで昼食をとろうとのんびり登って行くと、ケヤキの幹に3匹ものチャバネアオカメムシの幼虫とハサミツノカメムシの幼虫が1匹這っていた。また、ヤマグワの幼木にクワエダシャクの幼虫も見つかった。その後、楽しい昼食の後に、湿性植物園手前の自然観察広場で、大型のオオツノカメムシがかなり見つかった。ネットで調べてみると希少種らしい。また、エノキタケがぼこぼこ生えていて嬉しくなった。

zaki-20161203-ootsunokamemushi.jpg
<オオツノカメムシ>

 湿性植物園へ到着すると人馴れしたカワセミがお待ちかねであった。色々な公園にカワセミは見られるが、ここのが一番近くで写せるのではないか。その後、もう一度、花木広場手前にて手摺昆虫観察に入ったが、気温が上がった為に、午前中より多くの昆虫が這っていた。また、アトリの群れがシラカシの小枝で休憩中でばんばんシャッターを切った。今年はアトリの当たり年なのか各所で観察出来るようだが、久しぶりにアトリに会えて微笑んだ。

zaki-20161203-mushikusakobanzomushi.jpg
<ムシクサコバンゾウムシ>

<今日出会った主なもの>花/ツワブキ等。蝶/スジグロシロチョウの幼虫、ムラサキツバメ等。昆虫/ジュウジチビシギゾウムシ、ヘリグロチビコブカミキリ、ムシクサコバンゾウムシ、テントウムシ、ウスキホシテントウ、ムーアシロホシテントウ、オオツノカメムシ、チャバネアオカメムシ、ツヤアオカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、マルカメムシ、ハサミツノカメムシの幼虫、ミヤマカメムシ、ムラサキナガカメムシ、クワエダシャクの幼虫、コミミズクの幼虫、リンゴマダラヨコバイ等。鳥/アトリ、コゲラ、カワセミ、カルガモ等。キノコ/エノキタケ等。その他/シロスジショウジョウグモ、ムラサキシキブの実、ヤマコウバシの実等。
posted by 花虫とおる at 18:29| Comment(0) | 川崎市

2016年12月02日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

 先月は雪が降って寒い日もあったが、ここに来て暖かい日が続いている。今日も晴れて風も無く絶好の散策日和である。何処へ行こうかなあ、梅田川の三保念珠坂公園の手摺昆虫観察が一番面白く成果が上がりそうだが、久しぶりに茅ヶ崎公園へ行った。まずは色づいたコナラやモミジの葉を撮ろうと頑張ったが、なかなか絵にならない。午後だと日陰になる場合が多く、陽に輝く半逆光の写真は得られなかった。たかが紅葉でも、その気にならないと撮れないなあとぼやいた。

zaki-20161202-murasakishikibu-mi.jpg
<ムラサキシキブの実>

 そこで貧果必至だから、ムラサキシキブの実を保険として撮影した。その後、生態園上の尾根沿いの手摺に行ったが、やたらテントウムシが多く、お腹がぱんぱんに膨れたクヌギカメムシもいた。しかし、触覚が片方途中から切れていたので撮影は諦めた。また、なぜ今の季節にと思われるナナフシ(?)の幼虫が這っていた。ナナフシの仲間は他に、エダナナフシ、トビナナフシが居て、幼虫も似通っているのだが、ネットでの絵合わせではナナフシの幼虫に思えた。

zaki-20161202-nanafushi-yochyu.jpg
<ナナフシ(?)の幼虫>

<今日出会った主なもの>花/サザンカ、イモカタバミ、タイワンホトトギス等。昆虫/ウスキホシテントウ、テントウムシ、クヌギカメムシ、ナナフシ(?)の幼虫等。キノコ/エノキタケ等。その他/ムラサキシキブの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:01| Comment(0) | 都筑区

2016年12月01日

横浜市緑区鶴見川(夕方)

 前述したように新横浜公園では不本意な結果に終わったので、ほんの少し上流となる東本郷町の鶴見川へ行った。今日もカモに餌を与える方がいて、オナガガモがたくさん泳いでいた。その他は、オオバンとヒドリガモだけで変化はなかった。カワセミが勢い良く飛んで来たが、下流に消えてしまった。新横浜公園にも生息しているし、鶴見川での個体数はかなりの数にのぼるに違いない。帰りがけにドバトに餌を撒く方が現れたら、オナガガモも集団で陸に上がって行った。

zaki-20161201-hidorigamo-osu.jpg
<ヒドリガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/オオバン、カワセミ、ヒドリガモ、オナガガモ等。
posted by 花虫とおる at 18:20| Comment(0) | 緑  区

横浜市港北区新横浜公園(午後)

 お隣の韓国の朴槿恵大統領の辞意表明があったが、あれだけの大規模なデモ、国民の支持率4パーセントでは当然であろう。これまでの韓国の歴代の大統領は、退陣後も含めて必ず窮地に見舞われる。また、韓国国民はとても熱し易いなあと感ずる。しかし、韓国についてはキムチと焼肉程度しか知らないので、ただただ不思議な民族だあと感ずるだけである。そこで、「一冊で分かる朝鮮の歴史−古代韓国から朝鮮王朝まで」という本をアマゾンの通販にて買った。

zaki-20161201-hashibirogamo-osu.jpg
<ハシビロガモの雄>

 今日は9時頃まで雨が降っていたので、木の実草の実は濡れているだろうし、手摺に昆虫も這っていないだろう。そこで、こんな時はカモしかないなあと新横浜公園へ行った。散策を開始するとトビが輪を描き、チョウゲンボウが滑空していた。しかし、見られたカモ類は相変わらず少なく、いったいどうしたんだろう、飛来が少ないのか飛来が遅れているのか、どちらかであろう。そんな訳で、まだ完全に頭部が緑色に変身していないハシビロガモの雄を撮った。

zaki-20161201-ooban.jpg
<オオバン>

<今日出会った主なもの>鳥/トビ、チョウゲンボウ、オオバン、イソシギ、モズ、ハクセキレイ、カワセミ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カワウ等。
posted by 花虫とおる at 18:17| Comment(2) | 港北区