2016年12月04日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 手摺の昆虫以外に被写体は無いかとスモモの丘へ行ってみたが、スイカズラ、ゴンズイ、トキリマメの実を見つけたが写欲が湧かず、車に戻ってデジスコでカワセミの池まで往復する事にした。しかし、行きはこれといった鳥は見られず、カワセミもルリビタキの雌も不在で、とぼとぼ戻って来ると電線にツグミが止まっていたり、モズの囀りが聞こえて来たりした。更にクルミ広場近くの畑にジョウビタキの雌が現れ、ほっとした。また、雄も現れたが背景を選んでいたら飛ばれてしまった。

zaki-20161204-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキ、カシラダカ、モズ、ヒヨドリ、シジュウカラ、ツグミ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 17:27| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区梅田川(午後)

 深夜から明け方にかけて気温が上がったのか、掛け布団を一枚少なくし電気アンカを弱にしたが、それでも暑い位であった。12月に入ったとはいえ小春日和の日が続いていて、木々の落葉は終わっていないし、なんとなく冬物を撮影する気が起きない。だからと言って秋物の被写体は少なくなっているので、まこと頭を悩ます日々が続いている。そんな訳で、また梅田川の手摺昆虫観察なのと思われそうだが、今のところ確実に被写体に巡り会えるのはそれしかない。

zaki-20161204-ushikamemushi.jpg
<ウシカメムシ>

 散策を開始すると気温が高いからか、ヤマトシジミとアキアカネが飛んでいた。クリスマスに赤トンボを見たい思っているご婦人がいるが、このまま暖かい日が続くと可能かもしれない。例によって三保念珠坂公園の手摺に行くと、コアシナガバチ、テントウムシ、ウスキホシテントウ、ムーアシロホシテントウ、ウシカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、コミミズクの幼虫等が見られた。そこでウシカメムシを横から撮ってみたが、牛を感じさせるのには程遠かった。

zaki-20161204-komimizuku-yochyu.jpg
<コミミズクの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ツバキ等。蝶/ヤマトシジミ等。昆虫/アキアカネ、コアシナガバチ、テントウムシ、ウスキホシテントウ、ムーアシロホシテントウ、ウシカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、コミミズクの幼虫等。その他/トキリマメの実、ゴンズイの実、スイカズラの実、ヘクソカヅラの実、ピラカンサの実等。
posted by 花虫とおる at 17:22| Comment(0) | 緑  区