2016年12月20日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 そんな訳で、以下に記した様に新吉田町では貧果に終わったので、何かしらは撮れるだろうと新治市民の森へ行った。散策を開始すると休耕田に挿してある竹の棒の先にモズの雄が止まっていたので、幸先が良いですねと丁寧に撮影した。更に歩みを進めると、タラノキ畑周辺でジョウビタキの雌が2羽も見られた。という事はクルミ広場周辺に雌雄各1羽がいるので、なんと新治市民の森はジョウビタキ天国の様である。しかし、その後は、これといった鳥に出会えなかった。

zaki-20161220-mozu-osu.jpg
<モズの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキ、モズ、シジュウカラ等。
posted by 花虫とおる at 18:32| Comment(0) | 緑  区

横浜市港北区新吉田町(午後)

 最新の世論調査で安倍ちゃんの人気が落ちているようである。プーチン大統領の訪日で北方領土問題の伸展を期待したが、何しに来たのと言いたい程の按配であった。また、競馬、競輪、パチンコ等があるのにもかかわらず、何故にカジノ解禁の統合型リゾート(IR)推進法を成立させたいのかも分からない。日本にルーレットなんて似合わないのになあとも思うし、そんな施設が出来たとしても繁盛するのかなあと疑問に思う。今の若者は、そんなに馬鹿ではないだろう。

zaki-20161220-kaki-yokon.jpg
<カキの葉痕>

 今日は午前中は曇りだったが、午後から晴れて気温がかなり高くなった。何処へ行こうかなと考えたが、手摺昆虫観察から離れて、至近距離の新吉田町へ行った。まずは植木屋さんの畑を覗いたが、サザンカはもちろんソシンロウバイも咲いていた。更に丘の上の畑へ行くと、ミカン、キンカン、ユズ、レモン等が色づいていた。しかし、これといった被写体には恵まれず、反対側の丘の上の畑へ行ったら、ナナホシテントウが白菜の葉で日向ぼっこをしていた。

zaki-20161220-sarutoriibara-mi.jpg
<サルトリイバラの実>

<今日出会った主なもの>花/ホトケノザ、ソシンロウバイ、サザンカ等。蝶/スジグロシロチョウの蛹等。昆虫/テントウムシ、ナナホシテントウ、ハラビロカマキリの卵のう等。その他/サルトリイバラの実、ノイバラの実、トキリマメの実、ピラカンサの実等。
posted by 花虫とおる at 18:29| Comment(0) | 港北区