2016年12月25日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 夕方は今日もまた(仮称)ルリビの谷公園という手もあったが、その他の鳥、ことにジョウビタキが撮りたいと新治市民の森へ行った。散策を開始し、クルミ広場に隣接する畑でジョウビタキの雄を見つけたが、背景を選んで接近した為に逃げられてしまった。その後、待てども待てども姿を現さず、カワセミの奥まで往復したが、これといった野鳥には巡り会わなかった。この為、帰路に期待したがジョウビタキは現れず、夕陽に染まったハクセキレイを代わりに撮った。

zaki-20161225-hakusekirei.jpg
<ハクセキレイ>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキ、ハクセキレイ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:20| Comment(3) | 緑  区

横浜市港北区新吉田町(午後)

 明日は曇り、明後日は曇り時々雨との事で、青空はしばらく広がりそうもない。昨日の散策でイチジクの実が青空に浮かんでいたので、今日は撮るものもこれといったものが無いからイチジクですねと、昨日に引き続いて新吉田町へ行った。イチジクはクワ科の樹木で、クワ科の木が大好きなキボシカミキリもやって来る。漢字で書くと「無花果」だが、ネットで調べると食べる部分が花だとある。イチジクの栽培は古く、古代エジプトの壁画にもブドウとともに描かれているという。

zaki-20161225-ichijiku-mi.jpg
<イチジクの実>

 イチジクは苦手な果物で余り好きではない。しかし、栄養学的にはかなり優れているらしい。そんなイチジクが、木の先端に取り残されて青空に浮かんでいる。先端部分の実は小ぶりだし、熟すことも無いので摘果されないのだろう。いずれにしても農家の方はなかなか洒落た事をしてくれるものである。今日の目的である青空に浮かんだイチジクの実は簡単に撮れたので、植木屋さんの畑へ行って、萎びてはいるもののセイヨウカマツカの実をカメラに納めて引き返した。

zaki-20161225-seiyokamatsuka-mi.jpg
<セイヨウカマツカの実>

<今日出会った主なもの>花/ソシンロウバイ等。昆虫/オオカマキリの卵のう、ハラビロカマキリの卵のう等。その他/セイヨウカマツカの実、アオツヅラフジの実、カラスウリの実、ツルウメモドキの実、ピラカンサの実等。
posted by 花虫とおる at 18:17| Comment(0) | 港北区