2017年01月30日

横浜市港北区綱島市民の森

 今日は第13回里山写真クラブ作品展の最終日で、作品搬出とちょっとした打ち上げの為に会場に行かなければならない。そこで、午前中のほんの少しの時間だが、自宅前の綱島市民の森へ行った。まずは桃の里広場へ寄ったが、白梅が咲きハナモモの蕾が膨らんでいた。また、風は強いものの気温はかなり上がって、キタテハが飛んでいた。その後、綱島公園へ行ったが、キチョウやムラサキシジミが舞っていて、今日は本当に気温が高いんだなあと実感した。

zaki-20170130-hanamomo-tsubomi.jpg
<ハナモモの蕾>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ニホンスイセン等。蝶/キタテハ、キチョウ、ムラサキシジミ等。昆虫/キイロテントウ等。
posted by 花虫とおる at 19:21| Comment(0) | 港北区

2017年01月29日

明日が最終日です!

新年恒例の里山写真クラブ作品展(第13回)は、かなっくホール(添付地図)、ギャラリーAにて30日まで開催しております。よって明日が最終日となり、開催時間は10:00〜〜17:00です。強力な女性新人も加わり、道端自然観察会のメンバーもかなり参加しています。出展者総数18名、半切(A3ノビ)総数36点となり見応え十分です。

kanaku-map.gif
posted by 花虫とおる at 20:09| Comment(0) | その他

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 時間もかなり余り日没も伸びたので、新治市民の森に転戦した。散策を開始しすると見知った鳥撮りマンに出会ったので様子を聞くと、ルリビタキ、ジョウビタキ、トラツグミが出ているという。そこで期待してカワセミの池奥まで行ったが、期待したものは見られなかったものの、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、アオジ等が飛来したので、久しぶりにアオジをカメラに納めた。もちろん帰路、ジョウビタキの雄を探したが、何故か見られず寂しかった。

zaki-20170129-aoji.jpg
<アオジの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、アオジ、ガビチョウ、モズ、ヒヨドリ、ツグミ、ムクドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:20| Comment(2) | 緑  区

横浜市港北区新横浜公園(午後)

 今日は風も弱く散策日和なので日曜日なのに新横浜公園へ行った。何か催し物が開かれているのか人出が多く、犬の散歩の方もかなり見られた。そんな訳で手摺に止まったモズやカワセミは、近づくとすぐに飛び立てしまった。また、カモ類もオカヨシガモが少数見られただけで寂しかった。大きな鳥が上空に飛んで来たがトビであった。一度降り立ったが、2羽のカラスが追いまわしたので飛び去ってしまった。まことカラスは強いですねと感心した事は言うまでも無い。

zaki-20170129-okayoshigamo-osu.jpg
<オカヨシガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/トビ、オオバン、オカヨシガモ、アオサギ、コサギ、カワウ、タヒバリ、モズ、カワセミ、ムクドリ、ツグミ、ハクセキレイ等。
posted by 花虫とおる at 18:16| Comment(0) | 港北区

2017年01月28日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(夕方)

 新吉田町の散策も他所へ行っても成果が望めないと、早目に切り上げて茅ヶ崎公園へ行った。まずはヤツデの葉捲りを行ったが、クロスジホソサジヨコバイは健在であった。どのような生態をしているのだろう、春まで葉裏で越冬するのかな。次に生態園正門前の手摺やケヤキの幹を見て回ったが、NO昆虫で、手摺昆虫観察は完全に終了したようである。そこで、お便所昆虫観察に切り替えたが、少数の以前と同じ顔ぶれのフユシャクやヨスジノコメキリガしか見られなかった。

zaki-20170128-usubafuyusahaku.jpg
<ウスバフユシャクの雄>

<今日出会った主なもの>花/カワヅザクラ、ウメ、ニホンスイセン、ツバキ等。昆虫/ヨスジノコメキリガ、ナミスジフユナミシャク、ウスバフユシャク、クロスジホソサジヨコバイ等。
posted by 花虫とおる at 17:18| Comment(0) | 都筑区

横浜市港北区新吉田町(午後)

 このところキヤノンG3Xの出番が少なく、鳥ばっかり撮っているような気がする。毎年そうなんだろうが、この時期は鳥以外の被写体がやはり少ない。こうなったら花虫撮るの季節到来まで、鳥撮りオンリーでも良いかなと思ったが、やはりそれでは寂しい。また、鳥撮りと言ったって、遠くへ遠征しないのだから撮れる鳥の種類も限られて来る。そこで、今日は風も止んだし何遍かブログアップしているが、シナマンサクと紅梅を撮ろうと新吉田町へ出掛けた。

zaki-20170128-shinamansaku.jpg
<シナマンサク>

 散策を開始すると民家の庭から垂れ下がるオウバイが、ちらほら咲いていたが今一絵にならない。また、垣根越しにネコヤナギが銀色に光っていたが、撮影はもう少し先かなと諦めた。そこで丘の上の植木屋さんの畑へ行くと、雨があまり降らないが、早いものでシナマンサクがかなり咲いていた。また、近くにある紅色の濃い紅梅も咲き、純白の梅、ややピンクがかった梅、またロウバイも満開で、丘の上の植木屋さんの畑は春が一杯だった。

zaki-20170128-ume.jpg
<ウメ>

<今日出会った主なもの>花/シナマンサク、ロウバイ、オウバイ、ウメ等。昆虫/イラガの繭等。鳥/ツグミ等。
posted by 花虫とおる at 17:07| Comment(0) | 港北区

2017年01月27日

横浜市都筑区都筑中央公園(夕方)

 前述したように三ッ池公園では僅かにカイツブリの写真を撮っただけで終了となり、またしても時間がたっぷりと余った。今の時期、しかも風が強くては花や冬芽葉痕の撮影はNGである。そこで都筑中央公園の「ばじょうじ谷戸」なら強風が遮られるのではないかと転戦した。いつもの場所に車を停めて散策を開始すると、アトリの一群が高い梢に止まっていた。今年は首都圏でもアトリの当たり年で、著名な自然度の高い公園には数多く飛来しているようである。

zaki-20170127-atori-mesu.jpg
<アトリの雌>

 しかし、アトリは込入った梢に止まっていることが多く、好みの写真がなかなか得られない。しかし、良いチャンスですねと待っていたら、水を飲みに降りて来たので激写した。慌てていたので絞り値や露出補正値を間違えてしまったが、なんとかまあまあの写真が撮れた。その後、「ばじょうじ谷戸」へ歩みを進めたら、カワセミが見られ、ジョウビタキの雌もサービスが良くてほっとした。これからも風がある日は「ばじょうじ谷戸」だなと、ほくそ笑んだ。

zaki-20170127-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、ジョウビタキ、アトリ、モズ、オナガ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 17:21| Comment(2) | 都筑区

横浜市鶴見区三ッ池公園(午後)

 今日は天気予報通り気温は高いものの南寄りの風がもの凄く強い。そんな訳で何処へ行っても芳しくないのだが、三ッ池公園なら撮影出来る所があるかもと行ってみた。散策を開始すると、下の池の杭に綺麗なハシビロガモの雄が1羽止まっていたが爆睡中であった。そこで中の池へ歩みを進めたが、カイツブリがおとなしく浮かんでいたのでカメラに納めた。今日は、ほとんどのカモが風を避けて中の池に集結していたものの、ユリカモメ以外はやはり爆睡中であった。

zaki-20170127-kaitsuburi.jpg
<カイツブリ>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カルガモ、ハシビロガモ、カイツブリ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 17:18| Comment(0) | 鶴見区

2017年01月26日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 1月下旬ともなると日没が30分程伸びた。そんな訳で、時間がたっぷりあるので新治市民の森へ行った。散策を開始したがモズが棒の先に止まっているだけで、これといった野鳥は見られない。ぬかるんでいる道を通るから嫌だけどカワセミの池奥まで行ったが、シジュウカラが見られた位であった。そこで帰路に期待したが、ホオジロやジョウビタキの雌と雄に出会った。そこで久しぶりにジョビ子ちゃんと粘ったものの、良い所に止まらず、ジョビ男君と遊んだ。

zaki-20170126-jobitaki-osu.jpg
<ジョウビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキ、シジュウカラ、ホオジロ、アオジ、モズ、ヒヨドリ、ハクセキレイ、スズメ、ハクセキレイ、コサギ等。
posted by 花虫とおる at 20:08| Comment(2) | 緑  区

横浜市港北区新横浜公園(午後)

 昨日は第13回里山写真クラブ作品展の当番日だったので、散策はお休みとなった。しかし、昨日は今季一の寒さで風もかなりあったから、当番日だったのが正解かもしれない。今日は風も止んで鳥見鳥撮り日和、何処へ行こうかなと思ったが、一昨日面白かった新横浜公園へまた行った。しかし、面白い事がそんなに続く訳は有りませんよと、どちらかというと貧果であった。潮の干満がここまで影響するのか、帰りがけに爆睡していたオカヨシガモやコガモが動き始めた。

zaki-20170126-kogamo-osu.jpg
<コガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/バン、オオバン、オカヨシガモ、ハシビロガモ、コガモ、アオサギ、ダイサギ、カワウ、モズ、カワセミ、ムクドリ、ツグミ、ハクセキレイ等。
posted by 花虫とおる at 20:04| Comment(0) | 港北区

2017年01月24日

横浜市港北区新横浜公園

 今日は第13回里山写真クラブ作品展の作品搬入の日である。作品展示作業は午後3時からなので、その前にとばかりに新横浜公園へ行った。作品展の会場となる東神奈川の「かなっくホール」へ行く途中にあるし、気温はかなり低いものの風が止んだので、何かしら撮れるだろうと思った訳である。散策を開始するとすぐにモズが現れたが、調整池にはカモの姿は無い。ことによったら今日も貧果かなと更に歩みを進めたら、まずはオオバンの群れが現れた。

zaki-20170124-segurokamome.jpg
<セグロカモメ>

 更に進むとハシビロガモの一群と少数のコガモが現れた。かなり遠い所に浮かんでいたが、待っていると泳ぎ始めて近くに寄って来た。その後、手摺にカワセミを見つけたが飛び去られてしまって撮影出来ず、ベニマシコのポイントまで行ってみたが、これといった野鳥は見られず、引き返して来るとオカヨシガモの一群が浮かんでいた。また、青空に雄大なセグロカモメが飛んで来て照明灯の上に止まったので、今年初見初撮りですねとカメラに納めた。

zaki-20170124-hashibirigamo-osu.jpg
<ハシビロガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/セグロカモメ、オオバン、オカヨシガモ、ハシビロガモ、コガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、アオサギ、ダイサギ、カワウ、モズ、カワセミ、ムクドリ、ツグミ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:15| Comment(0) | 港北区

2017年01月23日

横浜市都筑区(仮称)ルリビの谷公園(夕方)

 前述したように新羽町では今季最悪の貧果となり、時間がたっぷり余ったので(仮称)ルリビの谷公園へ行った。風が強いから新横浜公園や鶴見川はNGなのである。また、新治市民の森もジョウビタキの雄位だら、昨日と同じ鳥のブログアップもつまらない。今日もルリビタキのポイントに到着すると、すぐに現れてくれたが、止まる場所が同じなのでそろそろ飽きて来た。今後撮りたい野鳥も撮れる野鳥も少ないようだが、しばしルリビタキの雄とはお別れかなと感じた。

zaki-20170123-ruribitaki-osu.jpg
<ルリビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの雄等。
posted by 花虫とおる at 17:47| Comment(2) | 都筑区

横浜市港北区新羽町(午後)

 昨日は大関稀勢の里が優勝し、久しぶりに日本人の横綱が誕生するらしい。それにしても白鵬の負け方は横綱らしくなかった。いよいよ引退かなと感じた方も多いのではなかろうか。今日は朝から気温が低く風も強い。今の時期、何処へ行っても貧果だろうから、まだ歩いていない所を散策しようと新羽町へ行った。目的のネコヤナギ、オウバイ、ウグイスカグラは今一絵柄が悪くて諦めたが、他に撮るものも無く、ニガキの葉痕を撮って終了となった。

zaki-20170123-nigaki-yokon.jpg
<ニガキの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/ホトケノザ、ウグイスカグラ、ソシンロウバイ、オウバイ、ツバキ、ニホンスイセン等。昆虫/ハラビロカマキリの卵のう等。その他/ノイバラの実、ヘクソカズラの実等。
posted by 花虫とおる at 17:41| Comment(0) | 港北区

2017年01月22日

東京都町田市薬師池公園(夕方)

 予定通り参加者10名の作品を駐車場で手渡して貰って時間が余ったので、少し散策して見ようと薬師池公園内に歩みを進めた。すると人を恐れないジョウビタキの雄が居て嬉しくなった。また、ルリビタキの雌やカワセミが見られ、やはり薬師池公園は流石だなあと感じた。そこで、もう何年も遊ばせてくれたルリビタキの雄は飛来していないかとポイントへ行ってみたが、笹等が刈られていて綺麗さっぱり、これでは隠れる所が無いから来ないなあと引き返した。

zaki-20170122-jobitaki-osu.jpg
<ジョウビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、ジョウビタキの雄、ルリビタキの雌、キンクロハジロ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 18:37| Comment(0) | 町田市

東京都多摩市豊ヶ丘南公園(午後)

 今日は午後3時に、第13回里山写真クラブ作品展の作品を集めに薬師池公園へ行かねばならないので、その前にカモちゃんならあぶれは無い筈と豊ヶ丘南公園へ行った。去年は比較的希少種のヨシガモが見られたが、今年は飛来していなかった。しかし、今年初見となるマガモが居たので嬉しくなった。なんたってカモの代表はマガモである。その他、ヒドリガモ、オナガガモ、キンクロハジロが見られ、周辺の植え込みにはジョウビタキの雌も観察出来た。

zaki-20170122-magamo-osu.jpg
<マガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、マガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、ヒドリガモ、ジョウビタキの雌、シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリ、カワウ、アオサギ等。
posted by 花虫とおる at 18:36| Comment(0) | 東京都

2017年01月21日

横浜市都筑区都筑中央公園(夕方)

 通例なら風の強い日は泉の森公園なのだが、ちょいと遠いいし成果も期待出来そうもないので、茅ヶ崎公園から至近の都筑中央公園へ行った。「ばじょうじ谷戸」なら風が遮られる筈と期待したが、案の定風は無く、カワセミが高い所の枝に止まっていた。次に梅林へ寄って小鳥の出を待ったら、ルリビタキの雌が現れた。かなりフレンドリーだが、梅は小枝が多くて絵にするのが難しい。そこで、宮戸の大池へ足を伸ばしたが、キンクロハジロとカルガモが浮かんでいるだけだった。

zaki-20170121-kawasemi-mesu.jpg
<カワセミの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、ルリビタキ、コジュケイ、ヒヨドリ、キンクロハジロ、カルガモ、コサギ等。
posted by 花虫とおる at 17:36| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 今日は天気予報通り風がとても強い。まことトランプ米国大統領の船出のように大荒れである。こんなに風が強いと手摺に這っている昆虫達は飛ばされてしまうだろうし、花や冬芽や実等も風に揺れて撮影どころでは無い。そこで、お便所昆虫観察ならなんとかなるだろうと茅ヶ崎公園の尾根筋のお便所を訪問した。しかし、見られた昆虫はナミスジフユナミシャク、クロテンフユシャクだけで、一向に顔ぶれが変わらない。どうやら今季はフユシャクも不作の様である。

zaki-20170121-namisujifuyunamichaku.jpg
<ナミスジフユナミシャクの雄>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ、ウメ、ニホンスイセン等。昆虫/ナミスジフユナミシャク、クロテンフユシャク等。その他/マンリョウの実、ノイバラの実等。
posted by 花虫とおる at 17:33| Comment(0) | 都筑区

2017年01月20日

横浜市港北区新横浜公園(夕方)

 2カ所目は新横浜公園へ行った。昨日、テウチグルミの葉痕を撮ったので、今日はサワグルミの葉痕という訳である。サワグルミは舞岡公園に3本、四季の森公園に1本あるだけで、他所でお目にかかった事が無い。ネットで調べると沢沿いに自生するのでサワグルミと名付けられ、神奈川県では丹沢山塊の谷筋で見られるとある。そんな事から新横浜公園に4本程見られるものは植栽であろう。ところで、行も帰りも調整池の畔を歩いたが、昨日よりカモ類の姿は多かった。

zaki-20170120-sawagurumi-yokon.jpg
<サワグルミの葉痕>

<今日出会った主なもの>鳥/オオバン、オカヨシガモ、コガモ、ハシビロガモ、アオサギ、ダイサギ、カワウ、ツグミ、モズ等。その他/サワグルミの葉痕等。
posted by 花虫とおる at 17:13| Comment(0) | 港北区

横浜市港北区新吉田町(午後)

 午前中ほんの少し雪が舞ったが、午後からはどんよりと寒い曇りとなった。こんな日は自宅蟄居が定番だが、1ヶ所30分で車に戻り、暖をとってもう1ヶ所30分位なら、風邪をひく事もなかろうと出かけた。まずは新吉田町でシナマンサクを撮り直そうと頑張った。次に、紅梅もと欲張ったが良い絵柄では咲いていなかった。その後、家庭菜園のある住宅の縁に行ったが、キンカン等の柑橘類はたくさん植えられていたが、アゲハ等の蝶の蛹は見つからなかった。

zaki-20170120-shinamansaku.jpg
<シナマンサク>

<今日出会った主なもの>花/シナマンサク、ロウバイ、ウメ等。
posted by 花虫とおる at 17:12| Comment(0) | 港北区

2017年01月19日

横浜市都筑区(仮称)ルリビの谷公園(夕方)

 前述したように新横浜公園では思わぬ貧果で、とほほのほと引き上げたが、夕方からは何処へ行こう、新治市民の森は行き過ぎたし、東本郷町の鶴見川も期待出来そうもない。そこで、久しぶりに(仮称)ルリビの谷公園へ行ってみた。すると誰かが餌付けでもしているのか、すぐに現れて大サービスとなった。冬になると毎年続けてルリビタキの雄を撮って来たが、昨年は雌に体色が似ている雄ばかりであった。そんな訳で、今季は雄を爆撮しておこうかな微笑んだ。

zaki-20170119-ruribitaki-osu.jpg
<ルリビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの雄等。
posted by 花虫とおる at 17:45| Comment(2) | 都筑区

横浜市港北区新横浜公園(午後)

 朝食後、いつものように外掃除をしたが風がかなり強かった。そんな訳で、今日も新吉田町でも散策しようかなと思っていたが、昼食後、いざ出発と外へ出ると風がほとんど無くなっていた。そこで、明日からは荒れ模様との事なので、新横浜公園へ行き先を変更した。しかし、調整池に浮かぶカモ類は少なく、また爆睡中なので撮影は諦めた。しかし、折角来たのだからと機材を変え、何故だか食用のテウチグルミが植栽されているので、羊顔の葉痕を撮った。

zaki-20170119-teuchigurumi.jpg
<テウチグルミの葉痕>

<今日出会った主なもの>鳥/オオバン、オカヨシガモ、アオサギ、カワウ、ツグミ、モズ、カワセミ、ムクドリ、スズメ等。その他/テウチグルミの葉痕等。
posted by 花虫とおる at 17:44| Comment(0) | 港北区

2017年01月18日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 夕方からは新治市民の森へ行った。ジョウビタキの雄が雌が現れなくなって活動範囲を広げていて、比較的撮り易くなった。そこで、撮れる内に撮っておこうという訳である。散策を開始してポイントに到着すると、案の定、ジョウビタキの雄が居たが、良い所になかなか止まらないので池ぶち広場まで行った。今日も来園者の車進入禁止と書かれているのに、子連れの親子が駐車していて気分が悪くなった。帰路、もちろんポイントに寄ったが、鉄パイプジョウビ君しか撮れなかった。

zaki-20170118-jobitaki-osu.jpg
<ジョウビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキ、シジュウカラ、モズ、ヒヨドリ、ハクセキレイ、スズメ、ダイサギ等。
posted by 花虫とおる at 18:19| Comment(0) | 緑  区

横浜市港北区新吉田町(午後)

 昨日から寒波はいくらか和らいで気温は上がったが、それでもかなり寒い。小寒から節分までの30日間を「寒の内」というと前述したが、まことその通りなので微笑むしかあるまい。しかし、週間天気予報を見ると明後日の20日(金曜日)は曇り時々雪となっていて、術後で体力が完全には回復していないから、雪かきは無理だなあと腕を組む。ちょうどこの日はトランプ大統領の就任式に当たり、今後の世界経済は曇り時々雪になるのかもしれない。

zaki-20170118-ume.jpg
<ウメ>

 今日も、これといった行く当てが無いので新吉田町を散策した。路傍に車を停めると白梅紅梅が咲いていたので、保険として白梅を撮った。更に歩みを進めるとジョウビタキの雌が現れて良い所に止まったが、カメラの設定を変えていたら逃げられてしまった。次に杉山神社を通り越してしばらく進むと、近くに親木があるのでムクロジの幼木がたくさん生えている。ムクロジの実は追羽根の玉の部分に使用されたが、羽子板遊びは遠い過去形となった。

zaki-20170118-mukuroji-yokon.jpg
<ムクロジの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ニホンスイセン等。昆虫/ハラビロカマキリの卵のう等。鳥/ジョウビタキの雌等。
posted by 花虫とおる at 18:18| Comment(0) | 港北区

2017年01月17日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 夕方からは新治市民の森へ鳥撮りに行った。散策を開始するとジョウビタキの雌を見つけた。また、電線にヒヨドリが3羽程止まっていたが、背景が今一なので撮影しなかった。さらに少し進むと、今度は電線にツグミが2羽止まっていたので青空バックで撮影した。その後、ジョウビタキの雄のポイントにさしかかると、今日も雄が居てくれて嬉しくなった。そこで、かなり粘って良い写真が得られたものの、つい最近ブログアップしているのでツグミを優先した。

zaki-20170117-tsugumi.jpg
<ツグミ>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキ、ツグミ、ヒヨドリ、ハクセキレイ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:28| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 退院後は体力が衰えていたので、これ1台あれば何とかなると購入したキヤノンG3Xだが、一眼に比べて問題点はあるものの、ほとんどの物が撮れてしまう。また、画質的にも満足していて、一眼レフが不要になりつつある。そこで、今日は早く起きて、今後使わないだろうカメラやレンズをまたまたヤフオクのオークションに出品した。全部売れれば10万円程になるが、ニコン1のマクロレンズが発売されるまで、郵便貯金に貯めておくつもりである。

zaki-20170117-kuromoji-fuyume.jpg
<クロモジの冬芽>

 そんな訳で少々寝不足だが茅ヶ崎公園へ行った。まずはフユシャクを探して歩いたが、NOフユシャクだった。こうなったら尾根上のお便所昆虫観察しかありませんねと行ってみると、3日前の観察会の時にも見つかった、ヨスジノコメキリガ、ナミスジフユナミシャク、ウスバフユシャクが、ほぼ同じ場所に這っていた。何日間居るのかは分からないが、何故に活動しないのだろう、もしや死んでいるのかもと、くすぐってみたら動いてほっとした。

zaki-20170117-yosujinokomekiriga.jpg
<ヨスジノコメキリガ>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ニホンスイセン等。昆虫/ヨスジノコメキリガ、ナミスジフユナミシャク、ウスバフユシャク等。鳥/ルリビタキ等。
posted by 花虫とおる at 18:24| Comment(0) | 都筑区

2017年01月16日

横浜市緑区鶴見川(夕方)

 前回、風が強い日に行ってみたら、カモ類は皆無であった鶴見川だが、風が止んだのでカモ類が戻って来ているのではないかと行ってみた。しかし、オナガガモは居たもののヒドリガモは戻っていなかった。相変わらずユリカモメがたくさん飛び回り、オオバンの群れが採食していた。また、カイツブリは2羽も見られたが、大きさが異なっていたので、親子かもしれない。その後、もう少し頑張ってみようかなとも思ったが、かなり寒くなって来たので早上りとなった。

zaki-20170116-onagagamo.jpg
<オナガガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、オオバン、オナガガモ、カイツブリ、カワラヒワ、モズ、ハクセキレイ、ツグミ、ムクドリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:10| Comment(2) | 緑  区

横浜市港北区新横浜公園(午後)

 今日もかなり寒いが風が止んだので、何か変わった鳥でも見られないかと新横浜公園へ行った。散策を開始すると、ダイサギやカワウが岸辺に見られ、カモ類は浮かんではいなかったが、更に歩みを進めるとオカヨシガモ、ハシビロガモ、コガモが居た。どうやら干潮の様で、浅くなった場所で採餌していた。また、手摺にはカワセミやモズが止まっていて嬉しくなった。遠く投てき場の方を見ると、鳥撮りカメラマンが集まっていたので、ベニマシコでも出ているのかもしれない。

zaki-20170116-mozu-mesu.jpg
<モズの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/オオバン、オカヨシガモ、ハシビロガモ、コガモ、アオサギ、ダイサギ、カワウ、モズ、カワセミ、ムクドリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:09| Comment(0) | 港北区

2017年01月15日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 最近、15分位だが日没が伸びているので、クリエイトに寄って、おやつを買ってから新治市民の森へ行った。心配した駐車スペースも空いていて、デジスコを組み立てて散策を開始したが、梅田川遊水地にダイサギが、電線の上にはカワウが居たのには驚いた。カワセミの池までは今日も貧果で、カワセミも見られず、とぼとぼ引き返したが、ジョウビタキの雌とジョウビタキの雄に出会った。どうやら雄の縄張りは広がったようで、これからも撮影出来るかもしれない。

zaki-20170115-jobitaki-osu.jpg
<ジョウビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキ、モズ、カシラダカ、アオジ、シジュウカラ、ダイサギ、カワウ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:19| Comment(2) | 緑  区

横浜市港北区新吉田町(午後)

 今日も昨日に引き続いて強い冬型の気圧配置が続き、この冬一番の強い寒気が流れ込んでいる。このため、日本海側を中心に大雪やふぶきとなり、太平洋側にも雪雲が流れ込んで、京都市や広島市では雪がかなり積もったという。お陰様で比較的温暖な横浜市だが、氷点下1度を記録した。そんな訳で、午後になってもかなり寒く、何処へ行こうかなあと考えたが行く当てが見当たらない。そこで、こんな時は至近距離の新吉田町が一番かと出かけて見た。

zaki-20170115-ume-2.jpg
<ウメ>

 散策を開始すると柿の木の小枝にイラガの繭を見つけたが、既にブログアップしているので撮影しなかった。丘の上の植木屋さんの畑へ行くと紅白のウメが咲き始めていて、期待したシナマンサクの蕾も綻び始めていたので嬉しくなった。また、相変わらずソシンロウバイも咲いていて、こんなに寒いのにやはり春がそこまでやって来ていると感じた。もちろん畑の縁にはホトケノザも咲いて、オオイヌノフグリが咲くのももうすぐかなと微笑んだ。

zaki-20170115-shinamansaku.jpg
<シナマンサク>

<今日出会った主なもの>花/ホトケノザ、シナマンサク、ロウバイ、ウメ等。その他/ソヨゴの実、ロウヤガキの実等。
posted by 花虫とおる at 18:16| Comment(0) | 港北区

2017年01月14日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

 今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。しかし、天気予報通り今季一番の寒気に覆われ、朝からかなり寒い。今までの陽気とは確実に変わった。こんな日和では参加者は少ないのではないかと思ったが、なんと10人もの方が見えてびっくりした。定刻通り散策を開始したが、これといった昆虫が見られない。去年たくさんいたチャバネフユエダシャクの雌も見つからない。僅かにマンションの手摺にウシカメムシとキイロテントウが見られただけだった。

zaki-20170114-uguisukagura.jpg
<ウグイスカグラ>

 これでは泣きたいような貧果必至となるので、生態園上のお便所昆虫観察を先行させた。有難い事にナミスジフユナミシャク、ウスバフユシャク、ヨスジノコメキリガが這っていた。次に生態園上の手摺昆虫観察を試みたがNO昆虫だったので、生態園正門前の手摺昆虫観察に移った。しかし、これまたこれといったものは見つからず開園している生態園に入って、ウグイスカグラ、ミツバウツキの葉痕、クワエダシャクの幼虫、クロスジホソサジヨコバイ等を撮った。

zaki-20170114-gomadaracho-yochyu.jpg
<ゴマダラチョウの幼虫>

 昼食は生態園至近の「すき家」でとり、もう一度生態園内を散策した後に帰路に着いたが、途中参加の昆虫少年のP君が手摺で、ウスバフユエダシャクの雌を見つけてくれた。もちろん今日のメインたる落ち葉捲り昆虫観察も試みたが、ゴマダラチウの幼虫、エサキモンキツノカメムシ、ワカバグモ等が見つかった。その後、仲町台駅先に当たる「せせらぎ公園」まで行き、ますます寒くなって来たので、ガストにての新年会に入り暖をとった。

zaki-20170114-usubafuyushaku.jpg
<ウスバフユシャクの雄>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ、ソシンロウバイ、ウメ、ニホンスイセン、サザンカ等。蝶/ゴマダラチョウの幼虫等。昆虫/キイロテントウ、ヨスジノコメキリガ、ナミスジフユナミシャク、ウスバフユシャク、クワエダシャクの幼虫、オオアヤシャクの越冬、ハラビロカマキリの卵のう、クロスジホソサジヨコバイ、ウシカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、ツヤアオカメムシ等。鳥/カワセミ、シジュウカラ、エナガ、メジロ、アオサギ、コサギ、カワウ、カルガモ等。その他/ワカバグモ、トキリマメの実、サルトリイバラの実、ガマズミの実、ノイバラの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:21| Comment(2) | 都筑区

2017年01月13日

横浜市緑区鶴見川(夕方)

 風は昨日より強くなったので、新治市民の森へ行ってもNO鳥ミングとなるに違いない。そこで、相も変わらずヒドリガモの良い写真が撮りたいと鶴見川へ行った。今日も餌付けおじさんがユリカモメに餌をあげていたが、川の水面に浮かんでいるのはオオバンだけだった。昨日見られたオナガガモも不在で、カモ類は一羽だに見られないという貧果である。やはり風が強いので何処かに避難したのだろう。今後、穏やかな日和を選んでの再挑戦となった。

zaki-20170113-ooban.jpg
<オオバン>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、オオバン、カイツブリ、モズ、ツグミ、ハクセキレイ、ムクドリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 17:35| Comment(0) | 緑  区

横浜市港北区新羽町(午後)

 年末にベートーベンの第9をパソコンで聞こうと操作してたら、パソコンのDVDプレーヤーが壊れてしまった。外付けのDVDプレーヤーがあるので困る事は無いのだが、そろそろパソコン自体も寿命かなと思い、電気屋さんへ行ったら、最新機種だと10万前後で、ホームページビルダー等のソフトも買い替える必要があり、かなりの出費となる。そこで今使用しているものと同型のパソコンをヤフオクで調べてみたら、なんと23000円なので買ってしまった。

zaki-20170113-sendan-yokon.jpg
<センダンの葉痕>

 今日もこれといった散策する所が無いので、久しぶりに新羽町へ出かけた。散策を開始するとジョウビタキの雌がお出ましになったが、シャッターを切る前に逃げられてしまった。小学校の裏庭に植栽されているセンダンの実はヒヨドリが食べるだけなので、まだかなり残っていたが、葉痕をカメラに納めた。新羽丘陵公園は工事中なので入れず、隣接する畑のキンカンの実を撮影した。その後、チョウの蛹でもと探したが、見つからなかった。

zaki-20170113-kinkan-mi.jpg
<キンカンの実>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ、ソシンロウバイ、オウバイ、ツバキ等。鳥/ジョウビタキの雌等。その他/センダンの実等。
posted by 花虫とおる at 17:32| Comment(0) | 港北区

2017年01月12日

横浜市緑区鶴見川(夕方)

 夕方からは、相も変わらずヒドリガモの良い写真が撮りたいと鶴見川へ行った。昨日と同様、ユリカモメはたくさん見られたものの、水面に浮かんでいるのはオオバンだけである。今日は昨日と異なってやや北風が強いからかなのと思いつつ、少し下流に下ってオナガガモを撮影した。その後、期待したヒドリガモには出会わなかったものの、コガモの群れが見られた。そんな訳で今日も目的を果たせず、太い鉄パイプの天辺に止まるユリカモメをブログアップする事にした。

zaki-20170112-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、オオバン、オナガガモ、コガモ、カイツブリ、ハクセキレイ、ムクドリ、カワウ等。
posted by 花虫とおる at 17:40| Comment(2) | 緑  区

横浜市都筑区葛ヶ谷公園(午後)

 いよいよ散策する所が無くなった。そこで何かしらは撮影出来るだろうとの淡い期待を持って、葛ヶ谷公園から大原みねみち公園へ行ってみた。まずは葛ヶ谷公園にある立派なトイレを覗いたが、NOフユシャクであった。ことによったら最近出来たトイレなので、LED照明なのかもしれない。次に、草刈りで全滅と思っていたキハダの葉痕を探しに行ったが、一株だけ残っていて嬉しくなった。その後、大原みねみち公園まで歩みを進めたものの、これといった被写体は無かった。

zaki-20170112-kihada-yokon.jpg
<キハダの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、サザンカ等。昆虫/テントウムシ等。鳥/カワセミ、コゲラ、カルガモ等。その他/マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 17:37| Comment(0) | 緑  区

2017年01月11日

横浜市緑区鶴見川(夕方)

 今日の夕方は日没前の一時間程、東本郷町の鶴見川へ行った。前回撮ったヒドリガモが今一で、撮り直そうと思ったのである。やはりカモ類は綺麗な水面に浮かんでいてなんぼなのである。いつもの場所に車を停めると、餌付けのおじさんが来ていて、ユリカモメがたくさん飛んでいた。もちろん川には、ヒドリガモ、オナガガモ、オオバン等が浮かんでいたが、カイツブリが近くに寄って来たので連写した。岸辺の木々にはコゲラやシジュウカラの混群も見られ、鶴見川の鳥見鳥撮りは馬鹿にならないなあと感じた。

zaki-20170111-kaitsuburi.jpg
<カイツブリ>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、オオバン、ヒドリガモ、オナガガモ、コガモ、カイツブリ、カワセミ、ハクセキレイ、コゲラ、エナガ、シジュウカラ、カワラヒワ、ムクドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:20| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 今日も穏やかな散策日和、そこで、昨日、クロスジホソサジヨコバイを撮ったが、キヤノンG3Xの5cm接写だとフード等の影が入って良い写真が得られなかった。そこで最短撮影距離が長くとれるニコンV2にDX一眼レフ用の85mmマクロレンズを装着して撮影してみようと、またしても茅ヶ崎公園へ行った。昨日と同じ場所のヤツデの葉捲りでクロスジホソサジヨコバはすぐに見つかり、最短撮影距離が30cm位もとれたので、余裕を持って撮影出来た。

zaki-20170111-ajisai-yokon.jpg
<アジサイの葉痕>

 その後、生態園前の手摺昆虫観察を試みたが、今日はNO昆虫であった。しからば、街路灯脇のケヤキ等の幹を丹念に探したが、こちらもNO昆虫であった。そこで便意尿意は無いものの尾根上のトイレへ行って、フユシャクの仲間を探したが、今日はナミスジフユナミシャクが2匹這っているだけだった。そこで生態園上の手摺昆虫観察に入ったが、こちらもNO昆虫であった。もっとも極小のクモやチャタテムシは居たものの、ちょいと小さ過ぎである。

zaki-20170111-kurosujihososajiyokobai.jpg
<クロスジホソサジヨコバイ>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ニホンスイセン、サザンカ等。昆虫/テントウムシ、ナミスジフユナミシャク、クロスジホソサジヨコバイ、ヒゲナガサシガメの幼虫等。鳥/カルガモ等。その他/マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:18| Comment(0) | 都筑区

2017年01月10日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 いつも停めている場所が駐車禁止になったので、このところ遠のいていた新治市民の森だが、別の場所になんとか割り込めば良いのだと出かけた。有難い事に3台程停められるスペースが空いていたので、デジスコを担いで散策を開始した。途中、家庭菜園にジョウビタキの雄が居て嬉しくなった。しかし、棒の先に被せてあるゴム手袋に止まったりして、これぞという写真は得られなかったが、久しぶりのジョウビ君が撮れたのでブログアップする事にした。

zaki-20170110-jobitaki-osu.jpg
<ジョウビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキ、モズ、キセキレイ、ガビチョウ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:31| Comment(2) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 もう何遍も繰り返しているが今の時期は何処へ行っても貧果必至だから、前回、前々回より見られる様になったフユシャクを求めて茅ヶ崎公園へ行った。まずは保険としてクロスジホソサジヨコバイを撮ったが、どうもキヤノンG3Xの5cm接写ではフード等の影が入って良い写真が得られない。やはり晴れの日のこんな被写体には、一眼レフの100mm前後のマクロレンズが使いやすいようである。次回はニコンV2にDX一眼レフ用の85mmマクロレンズを装着して撮影してみよう。

zaki-20170110-namisujifuyunamishaku.jpg
<ナミスジフユナミシャクの雄>

 そんな訳でクロスジホソサジヨコバイはたくさん居たがNGで、アジサイの葉痕を保険としてカメラに納めた。次に生態園正門前の手摺昆虫観察に入ったが、ウスバフユシャク(?)の雌と思われる翅が退化したフユシャクの仲間を撮った。そこで、前回見られたチャバネフユエダシャクの雌が気になって、ケヤキの幹にまだ居るかなと探したが見つからなかった。最後に尾根上のお便所昆虫観察を試みたら、ナミスジフユナミシャクの雄、ウスバフユシャクの雄が壁に這っていた。

zaki-20170110-usubafuyushaku-mesu.jpg
<ウスバフユシャク(?)の雌>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ニホンスイセン等。昆虫/テントウムシ、ウスキホシテントウ、ナミスジフユナミシャク、ウスバフユシャク、クロスジホソサジヨコバイ等。鳥/シジュウカラ、ウグイス等。その他/マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:28| Comment(0) | 都筑区

2017年01月09日

横浜市緑区鶴見川(夕方)

 新横浜公園では前述したように貧果であったので、前回見られなかったヒドリガモが飛来しているかもしれないと鶴見川へ行った。新横浜公園からはかなりの至近距離である。車を停めて空を見上げると、ユリカモメがたくさん飛んでいる。三ッ池公園にも多いので、ユリカモメの当たり年なのかもしれない。土手を登って下り鶴見川に到着すると、有難い事にヒドリガモが泳いでいた。もちろんオナガカモやオオバンも多かったが、ヒドリガモの雄をしつこく狙った。

zaki-20170109-hidorigamo-osu.jpg
<ヒドリガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、オオバン、ヒドリガモ、オナガガモ等。
posted by 花虫とおる at 17:49| Comment(0) | 緑  区

横浜市港北区新横浜公園(午後)

 今日はしつこく午前中は雨が降っていたが、午後からは止んだので、こんな時は緑地巡りはNGだと、まずは新横浜公園へ行った。散策を開始すると相変わらずカモ類の姿が少ない、それでも歩みを進めるとオカヨシガモの群れが爆睡していたので、やっぱり今日も貧果かなと思ったら、鈴のような鳴き声が聞こえた。コガモの群れである。かなり遠い距離であったが、粘ったら近寄って来たので撮影出来た。その他は、前回及び前々回より観察出来た野鳥は少なかった。

zaki-20170109-kogamo-osu.jpg
<コガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/オオバン、オカヨシガモ、ハシビロガモ、コガモ、アオサギ、カワウ、ムクドリ、ツグミ等。
posted by 花虫とおる at 17:47| Comment(0) | 港北区