2017年02月07日

横浜市港北区新吉田町

 前述したように胆汁の流れが悪くなり黄疸等の症状が出て、2月3日に入院し内視鏡にて胆管の拡張を図った。しかし、過去の胆嚢摘出手術や膵臓癌で余病が出た為等で、引き連れが起こっていて内視鏡が入らず、パイプを通す手術に変更された。この為、バイプのついたボトルを身体につけての昨日退院となった。しかし、このパイプ及びボトルが生活環境を悪くしているが、散策及び写真撮影位はなんとかなるだろう。今後の経過推移次第で、なるべく外して貰うつもりです。

zaki-20170207-shinamansaku.jpg
<シナマンサク>

 そんな訳で論より証拠とばかりに風が強かったが至近距離の新吉田町へ行った。散策を開始すると民家の庭から垂れ下がるオウバイがかなり咲いていた。しかし、塀越しのネコヤナギは余り変化はなかった。いつものように丘の上の植木屋さんの畑へ行くと、カワヅザクラがちらほら咲き出し、紅梅や白梅、シナマンサクが満開であった。畑の日溜りに目を向けると、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ノボロギク等咲いていて、風が強くて寒かったが春を彼処に見つけた。

zaki-20170207-obai.jpg
<オウバイ>

<今日出会った主なもの>花/シナマンサク、ロウバイ、オウバイ、ウメ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ノボロギク等。鳥/ツグミ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 16:22| Comment(4) | 港北区