2017年03月31日

横浜市緑区恩田川(夕方)

 無事にキブシを撮り終わったが、雨がまた降って来た。そこで、幾分空が明るい恩田川の田んぼへ行ってみた。有難い事に雨は止んでいて、ここしばらく見られなかったカワラヒワの群れが梢に止まっていた。しかし、暗くてシャッター速度が上がらず、ピントがあった写真はゼロとなった。そこで道路で何故か動かないタヒバリを撮った。黒い筋や胸の白さが異なるなあと思って、図鑑で調べて見ると、4月頃から胸が淡いオレンジ色の夏羽も現れるとあり納得した。

zaki-20170331-tahibari.jpg
<タヒバリの夏羽>

<今日出会った主なもの>鳥/モズ、カワラヒワ、タヒバリ、ハクセキレイ、スズメ、ムクドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:44| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区鴨池公園(午後)

 何処かでキブシを撮ろうと思案したが、新治市民の森だとアプローチが長い。そこで色々考えてカメラに納めればと、またしても鴨池公園へ行った。自宅を出発する時にぽつぽつ雨が降っていたが、なんとかなるでしょうと出かけた。鴨池公園のポイントでも雨がぱらついていたが、少々の雨には強いキヤノンG3Xだから安心である。途中、雨の止み間もあって、なんとかまあまあの写真を手にする事が出来た。付近にはチョウセンレンギョウやシデコブシ等も咲き出していた。

zaki-20170331-kibushi.jpg
<キブシ>

<今日出会った主なもの>花/キブシ、ソメイヨシノ、チョウセンレンギョウ、ヒュウガミズキ、トサミズキ、コブシ、シデコブシ等。
posted by 花虫とおる at 18:39| Comment(0) | 都筑区

2017年03月30日

横浜市港北区新横浜公園(夕方)

 以下に記した様に花撮りは惨敗だったが、しからば鳥撮りでばん回と思っても、冬鳥は旅立ったものがかなり居るようである。そんな訳で、オオバンでも良いかなと新横浜公園へ行った。遊水地に降りてしばらくは鳥影は無かったが、かなり進むと、キンクロハジロ、オカヨシガモ、オオバンが居た。キンクロハジロの雄でも大歓迎と狙ったが寝ているばかりだった。そんな訳でオオバンかなと思ったら、オカヨシガモが近くに寄って来たので有難うさんと撮影した。

zaki-30170330-okayoshigamo-osu.jpg
<オカヨシガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/オオバン、オカヨシガモ、キンクロハジロ、ダイサギ、アオサキ、カワウ、ムクドリ、ツグミ、ハクセキレイ等。
posted by 花虫とおる at 18:29| Comment(0) | 港北区

横浜市都筑区大原みねみち公園(午後)

 昨日絵になるキブシがあったのだが、足場がかなり悪くてゲット出来なかった。そこで今日はリベンジだと、まずは葛ヶ谷公園へ行ってみた。予想通り2本程咲いていたが、花穂が余りにも長過ぎて写欲が湧かなかった。しからば咲き始めているソメイヨシノでもと頑張ったが、今時の空は霞がかかったようで真っ青では無かったので、絵柄を選べなかった。そこで大原みねみち公園まで足を伸ばして、ゴンズイの芽吹きを撮り不本意な終了となった。

zaki-30170330-gonzui-mebuki.jpg
<ゴンズイの芽吹>

<今日出会った主なもの>花/ソメイヨシノ、ハクモクレン、コブシ、ウグイスカグラ、キブシ、クロモジ、ヒュウガミズキ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ等。
posted by 花虫とおる at 18:22| Comment(0) | 都筑区

2017年03月29日

横浜市緑区鶴見川(夕方)

 5日間の自宅蟄居の間に、旅立った鳥が居るのではないかと、まずは鶴見川へ行った。案の定、ずっと見られたオナガガモの2番の姿は見られなかった。そこでオオバンよりもヒドリガモだなあとカメラに納めた。両種ともかなりの数がまだ残っていた。次に、カワラヒワはどうなったかと恩田川の田んぼへ行ってみたが、待てども待てども1羽も現れない。何処かに旅立ったのだろうか。同所で良く見られるカシラダカも居なかったので、寂しい結果となった。

zaki-20170329-hidorigamo-osu.jpg
<ヒドリガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ヒドリガモ、オオバン、ムクドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:45| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区鴨池公園(午後)

 また23日の夕方から熱が出て、5日間の自宅蟄居となった。昨日は主治医が見てくれる外来で、前回、前々回撮ったCTスキャンによると、有難い事に癌の再発転移は見られないという。それでも術後化学療法の最後となる抗がん剤を処方された。胆管からのパイプ及びボトルの除去は、5月に入ってからとなり、しばらくは厄介な生活が続く。そんな訳で気温も高いし散策を再開した。今日は鴨池公園へ行ってスモモを撮ったが、公園内の工事はまだ終わっていなかった

zaki-20170329-sumomo.jpg
<スモモ>

<今日出会った主なもの>花/キブシ、アオキ、ソメイヨシノ、ヒュウガミズキ、ボケ、ハクモクレン、シデコブシ等。蝶/ルリタテハ等。
posted by 花虫とおる at 18:44| Comment(0) | 都筑区

2017年03月23日

横浜市緑区鶴見川(夕方)

 ここ2日にわたってカワラヒワの撮影に精を出していたが、今日は鶴見川のカモちゃんはどうしただろう覗いて見た。相変わらずヒドリガモ、オナガガモ、オオバンが泳いでいたが、他には変わったカモは居なかった。ユリカモメは去ったと記したが、大型のセグロカモメが悠然と下流に向って飛んで行った。そんな訳でオナガガモの雄を撮ったが、いつ行っても2組の番が仲良く泳いでいる。もうすぐ旅立ちだろうが、4月1日頃までは見られるに違いない。

zaki-20080323-onagagamo-osu.jpg
<オナガガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/セグロカモメ、ヒドリガモ、オナガガモ、オオバン、ムクドリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:31| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区大原みねみち公園(午後)

今日も暖かいので芽吹きを撮ろうと大原みねみち公園へ行った。途中、ツクシやホトケノザが生えていたが、今一絵にならないので諦めた。公園手前にある幼稚園の道には、ハクモクレンやナノハナが咲いていた。園内に入るとミズキ、コナラ、ゴンズイが芽を伸ばしていたが、今日はミズキの芽吹きを撮った。そろそろミヤマセセリやコツバメの季節だが、やはり体調が今一なので、近場で今しか撮れない木々の芽吹きを撮るのが一番かなと心に決めた。

zaki-20080323-mizuki-mebuki.jpg
<ミズキの芽吹>

<今日出会った主なもの>花/クロモジ、ヒュウガミズキ、ハクモクレン、ホトケノザ等。
posted by 花虫とおる at 18:29| Comment(0) | 都筑区

2017年03月22日

横浜市緑区恩田川(夕方)

 茅ヶ崎公園でクロモジの花を無事にカメラに納めたので、一昨日に引き続いて恩田川へ行った。もちろんカワラヒワ狙いで、見返りの写真をものにしようと思った訳である。他の鳥にも言える事だが、お腹の方から撮ると単色になる鳥が多い。カワラヒワだと一昨日ブログアップした様に、やや緑色がかった褐色一色である。しかし、背中の方から撮ると普通種には思えない綺麗さとなる。今日はまあまあの写真が得られたが、しばし恩田川通いが続くかなと微笑んだ。

zaki-20080322-kawarahiwa-osu.jpg
<カワラヒワの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/モズ、カワラヒワ、カシラダカ、ハクセキレイ、スズメ、ムクドリ、ツグミ等。
posted by 花虫とおる at 18:49| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 昨日は久しぶりに日中ずっと雨が降った。道端自然観察は出来ないが、雨によって堅かった冬芽や花芽が柔らかくなるのだから、むしろ歓迎せねばならないのかもしれない。今日はクロモジの花がかなり開いているのではないかと茅ヶ崎公園へ行った。都筑区の公園や緑道では貴重な木でなのである。足早にクロモジのポイントへ足を進めると、咲き始めていて嬉しくなった。他にはこれといったものは見られなかったが、アトリが20羽程の群れで飛んでいた。

zaki-20080322-kuromoji.jpg
<クロモジ>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ、クロモジ、カンヒザクラ、ヒュウガミズキ、トサミズキ、ツバキ等。鳥/アトリ、カワセミ等。
posted by 花虫とおる at 18:47| Comment(0) | 都筑区

2017年03月20日

横浜市緑区恩田川(夕方)

 陽がだいぶ長くなったので、鳥撮り時間もかなり確保出来るようになったが、冬鳥は旅立ったものも増えて来た。新治のジョウビタキの雄も近ごろ見かけなくなった。そんな訳で新治へ行っても、ヤマガラ等の常連鳥と遊ぶしかないので、久しぶりに恩田川へ行ってみた。田んぼの傍らに生えている木にカワラヒワが群れで休んていて、今まで本気でチャレンジしなかったが、今日は頑張ってみた。その結果、お腹の方からの写真は得られたが、見返りの写真は撮れなかった。

zaki-20080320-kawarahiwa-osu.jpg
<カワラヒワの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/モズ、カワラヒワ、ハクセキレイ、ムクドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:44| Comment(2) | 緑  区

横浜市都筑区葛ヶ谷公園(午後)

 今日は春分の日、気温もだいぶ上がったが、明日は雨が降り寒いと言う。緑道のソメイヨシノも暖かければ数日で咲きそうに蕾が膨らんでいたが、明日の氷雨で待ったがかかりそうである。まずは、もしかしたら芽吹いているかもしれないとキハダを見に行ったが、まだまだ先ですよと冬芽は堅かった。しかし、隣接して生えているマユミの芽吹きはとても綺麗だったのでカメラに納めた。キブシの黄色い玉暖簾もかなり膨らんで来たので、今月末頃が撮り頃かなと微笑んだ。

zaki-20080320-mayumi-mebuki.jpg
<マユミの芽吹>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ、キブシ、コブシ、シデコブシ、ヒュウガミズキ、ウンナンオウバイ等。
posted by 花虫とおる at 18:43| Comment(0) | 都筑区

2017年03月19日

横浜市緑区鶴見川(午後)

 午後からは、昨日の新横浜公園で良いカモの写真が撮れなかったから、リベンジですねと鶴見川へ行った。機材を担いで土手に上がるとジョウビタキの雄が居た。気温が高いのでほっそりとしていて、なかなかのダンディーであった。河原に降りるとヒドリガモ、オナガガモ、オオバンが見られ、新横浜公園に比べると至近距離なので鮮明に撮れた。たくさんいたユリカモメは一羽だに見られなくなったと前回も記したが、今日も不在で、やはり繁殖地に向け旅立ったのだろう。

zaki-20170319-hidorigamo-osu.jpg
<ヒドリガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ヒドリガモ、オナガガモ、オオバン、ジョウビタキの雄等。
posted by 花虫とおる at 18:51| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

 今日は昨日よりも暖かくなった。「暑さ寒さも彼岸まで」と言われているが、例年その通りで、まこと不思議である。そんな訳で、スキー帽では無く普通の帽子で散策を開始した。まずはヤブデマリの芽吹きを見に行ったが、良い按配なので頂きますとカメラに納めた。緑道を生態園向って行くと、ツバキ、トサミズキに加えてヒュウガミズキも開花していた。今日こそ手摺やお便所で何か昆虫をと期待したが見つからなかったが、生態園の中に入るとキタテハやキチョウが舞っていた。

zaki-20080319-yabudemari-yokon.jpg
<ヤブデマリの芽吹>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ、クロモジ、カンヒザクラ、ヒュウガミズキ、トサミズキ、ツバキ等。蝶/キタテハ、キチョウ等。鳥/アトリ等。
posted by 花虫とおる at 18:50| Comment(0) | 都筑区

2017年03月18日

横浜市港北区新横浜公園(午後)

 昼食は久しぶりに外食となり、「すき家」にてミニ牛丼+しじみ汁+卵セットを注文した。税込で430円のお安さである。午後からは新横浜公園へ行ったが、久しぶりにオカヨシガモが飛来していたが、距離がかなりあって諦めた。小さな池にコガモも居たが、ブログアップしたばかりなので、今回は見送りとなった。そんな訳で、ヤナギの花を撮りに行ったが、ネコヤナギとはちょいと違うがヤナギの蕾を撮った。ヤナギ類は数多く、詳しい図鑑を開いたが、種名は確定出来なかった。

zaki-20170318-yanagi-nakama.jpg
<ヤナギの仲間>

<今日出会った主なもの>鳥/オオバン、オカヨシガモ、コガモ、カルガモ、アオサキ、コサギ、ムクドリ、ツグミ、スズメ等。花/イヌコリヤナギ、ネコヤナギ等。
posted by 花虫とおる at 18:54| Comment(0) | 港北区

横浜市都筑区東方公園周辺(午前)

 3月12日の夕方から熱が出で、しばし道端自然観察はお休みしていた。どうも腎臓から膀胱までの間の何処かに菌がついた様で、抗菌剤を処方して貰って平熱に戻った。なにしろ膵臓癌の手術、黄疸の発症、抗癌剤の飲用等で体重も減ったし、当然の事として各種菌に対する抵抗力も衰えているのだろう。もっとも10月から休まず6ヶ月間も道端自然観察を続けて来たのだから、ちょいと休んだ方が良いですよとの、天からの声が降りて来たのかもしれない。

zaki-20170318-anzu.jpg
<アンズ>

 そんな訳で今日から再開となったが、まこと気温は高く風も無く絶好の散策日和となった。いつもと異なって夕方に舞岡ふるさと村のお仲間の写真展を見に行くので、久しぶりに散策は午前からとなった。期待してアンズの花を見に行ったが、だいぶ咲いていているのにはびっくりした。また、お隣のハナモモも満開となっていて、やはりシャッターを切ってしまった。付近の農耕地を散策したが、ツクシが伸びは始めていて、春ですねとほくそ笑んだ。

zaki-20170318-hanamomo.jpg
<ハナモモ>

<今日出会った主なもの>花/ハナモモ、アンズ、アセビ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ、ナズナ、ツクシ等。
posted by 花虫とおる at 18:53| Comment(0) | 都筑区

2017年03月12日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 今日は風が冷たくかなり寒く感じられる。それでも新治市民の森の日溜りなら、なんとかなるだろうと転戦した。カワセミの池まではジョウビタキの雌が見られたので、まだ冬鳥は去っていないなと安どした。カワセミの池は相変わらずカワセミは不在で、いつ戻って来るのだろう。そこで常連さんに遊んで貰った。その後、谷戸奥まで行ってみたものの、ウグイスが見られただけだった。そこで帰路に期待したがモズは居たがジョウビタキの雄は見られなかった。

zaki-20170312-shijyukara.jpg
<シジュウカラ>

<今日出会った主なもの>鳥/モズ、ウグイス、ジョウビタキの雌、ヤマガラ、シジュウカラ、アオジ等。
posted by 花虫とおる at 21:40| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区都筑中央公園(午後)

 木の花もアンズを除いて順調に撮影が進んでいる。アンズの花もいずれブログアッブする事になるだろう。そんな訳でキヤノンG3Xの被写体はほとんど無いが、木々の芽吹きならなんとかなる筈と本当に久しぶりに都筑中央公園へ出かけた。まずは鴨池公園の柿の木広場を覗いたが、工事中で通行止めであったが、カワヅザクラやウメが咲いていた。その後、都筑中央公園を一回りしたが、早くもレンゲソウが咲いていた位でこれといったものは無かった。

zaki-20170312-niwatoko-tsubomi.jpg
<ニワトコの蕾>

<今日出会った主なもの>花/カワヅザクラ、ウメ、アセビ、レンゲソウ、オオイヌノフグリ、アブラナ等。鳥/シメ、シジュウカラ等。
posted by 花虫とおる at 21:37| Comment(0) | 都筑区

2017年03月11日

横浜市緑区鶴見川(夕方)

 目的のアンズの花はしばしの御預けとなったが、春爛漫を思わせる光景に満足して、またしても鶴見川へ行った。昨日見られなかったユリカモメは本当に去ったのだろうか、他のカモ類は居ないのだろうかと気になったのだ。しかし、あんなに見られたユリカモメは見られず、三ッ池公園にも居なかったので、やはり旅立ったようである。カモ類ではコガモの群れが居て嬉しくなった。新横浜公園では見られなくなったので心配していたのだが、まだ旅立っていないようである

zaki-20170311-kogamo-osu.jpg
<コガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/コガモ、カルガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、オオバン等。
posted by 花虫とおる at 18:41| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区東方公園周辺(午後)

 未曾有の被害をもたらした東日本大震災から今日で6年となった。長いような短いような期間だが、私にはかなり長く感ずる。膵臓癌の手術によって痩せ衰え、あの頃は元気だったなあと感ずるからかもしれない。忘れもしなあの日、町田市の薬師池公園にてジョビ子ちゃんと遊んでいると、植え込みのツツジが波打ち、池の水がちゃぷんちゃぷんと揺れ、地響きに見舞われた。もちろん怖くて立木に手を添えた事は言うまでも無い。まこと恐ろしいに大きな地震であった。

zaki-20170311-hanamomo.jpg
<ハナモモ>

 今日はアンズの花が咲いているのではないかと、東方公園周辺にある植木屋さんの畑へ行ったが、蕾はだいぶ大きくなっていたものの、一輪だに咲いなく、あと数日はかかるだろう。そんな訳で、脇に咲いているハナモモが満開だったので有難うさんとカメラに納めた。荏田南のハナモモに比べると花期が遅い。また、アセビも今が撮り頃なので頂きますと撮影した。付近の畑にはホトケノザやオオイヌノフグリが咲いて、キタテハか一頭舞っていた。

zaki-20170311-asebi.jpg
<アセビ>

<今日出会った主なもの>花/ハナモモ、プンゴウメ、ボケ、アセビ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ、ナズナ、タネツケバナ等。蝶/キタテハ等。
posted by 花虫とおる at 18:39| Comment(0) | 都筑区

2017年03月10日

横浜市緑区鶴見川(夕方)

 新横浜公園ではカンムリカイツブリは居たものの、カモ類はカルガモが2羽居ただけだった。そんな訳で不完全燃焼がはなはなしく、もしかしたら、前回は見られなかったが鶴見川にヒドリガモが来ているのではないかと覗いて見た。すると雄雌10羽程が飛来していて嬉しくなった。もちろんオナガガモも見られたが、他のカモやユリカモメ等は見られず、本当に旅立ったようである。毎年そうだがヒドリガモの旅立ちは遅いので、しばらく遊んで貰えるかもしれない。

zaki-20170310-hidorigamoi-osu.jpg
<ヒドリガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ヒドリガモ、オナガガモ、オオバン等。
posted by 花虫とおる at 18:48| Comment(0) | 緑  区

横浜市港北区新横浜公園(午後)

 身体からパイプが出ていてボトルに胆汁を貯めている為、こごんだ姿勢での撮影はNGで、木々の花オンリーとなっている。早く何とかして貰いたいのだが次回の通院日は28日なので、まだかなりの間がある。そんな訳で、鳥は撮れなくともネコヤナギでも撮れればと新横浜公園へ行った。広大な遊水地にはカンムリカイツブリが居たが眠っていた。また、ネコヤナギも良い絵柄の物が無く、また戻ってカンムリカイツブリが起きるまで待って撮影した。

zaki-20170310-kanmurikaitsuburi.jpg
<カンムリカイツブリ>

<今日出会った主なもの>鳥/カンムリカイツブリ、オオバン、カルガモ、アオサキ、コサギ、ダイサギ、ムクドリ、ツグミ、ハクセキレイ、タヒバリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:43| Comment(0) | 港北区

2017年03月09日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 三ッ池公園では、これといった写真は得られなかったが、金苦労羽白等が撮れたので、まあ良いかなと新治市民の森へ転戦した。今日は昨日一昨日と比べて、ヤマガラの数は少し多くなっていたので頑張って狙った。しかし、何故かアオジの姿が見られなかった。毎日の様に通っていると、小鳥達の微妙な動向が気になって来る。帰りがけに谷戸奥を覗いたが、相変わらず非協力的なルリビタキの若雄が居て、帰路の畑にはジョウビタキの雌雄が見られた。

zaki-20170309-yamagara.jpg
<ヤマガラ>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの若雄、ジョウビタキの雌雄、ヤマガラ、シジュウカラ、アオジ、ツグミ、アオサギ等。
posted by 花虫とおる at 18:39| Comment(0) | 緑  区

横浜市鶴見区三ッ池公園(午後)

 来週の15日で平日のみ駐車場無料期間が終わるで、今週と来週は三ッ池公園へお邪魔しなければと思っていた。早いもので11月から始まった無料期間4ヶ月は終了間近となった。その間、黄疸に見舞われボトルを下げる身となったが、まあ道端自然観察を続けられてほっとしている。三ッ池公園の下の池は昨年の10月頃に「かいぼり」がなされ、更に私の出回り先では今季はカモ類の飛来は少なく、そんな訳で、ダブルパンチで三ッ池公園は不作であった。

zaki-20170309-hoshihajiro-osu.jpg
<ホシハジロの雄>

 しかし、今日は暖かく風も弱いので、下の池の杭の上にカモちゃんが上っているのではと期待したが、何も上っていなくて天を仰いだ。相変わらず下の池と上の池はカモ類が少なく、ほとんどが中の池に集結していた。これといった希少種はもちろん見られないものの、いつも眠っていたキンクロハジロやホシハジロが泳いでいたので助かった。しかし、あんなにたくさん飛来していたユリカモメは1羽だに見られず、季節は確実に変わったようであった。

zaki-20170309-kinkurohajiro-osu.jpg
<キンクロハジロの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ホシハジロ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ等。
posted by 花虫とおる at 18:36| Comment(0) | 鶴見区

2017年03月08日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 今日も芽吹き等の撮影が終わると新治市民の森へ転戦した。久しぶりにヤマガラでもと大きな期待はしていないのだが、あんなに居たヤマガラはほとんど姿を見せなかった。シジュウカラと同数見られたのだが、どうした事だろう。そこでネットで調べてみると、標高1,000m以上の場所に生息する個体は、冬季になると標高の低い場所へ移動するとあるので、帰った個体もいるのだろうか。そんな訳で、サービスの良いアオジを見つけてばんばんシャッターを切った。

zaki-20170308-aoji.jpg
<アオジの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキの雌雄、ヤマガラ、シジュウカラ、アオジ等。
posted by 花虫とおる at 18:35| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 天気予報によると今日まで寒く風が強いと言う。また、昨日のよう所によっては雨がぱらつくかもしれないとの事である。そんな訳で、まずは至近距離の茅ヶ崎公園へ行った。一昨日、木々の芽吹きも始まっていたので、春が来たなあと撮ってみようと思ったのである。まずはイボタの芽吹きを撮り、ガマズミやニワトコもと頑張ったが良い絵柄が浮かばなかった。しかし、前回今一であったトサミズキが、梢バックだと綺麗だったので「頂きます」と撮影した。

zaki-20170308-ibota-mebuki.jpg
<イボタの芽吹>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ、カンヒザクラ、トサミズキ、ツバキ等。
posted by 花虫とおる at 18:33| Comment(0) | 都筑区

2017年03月07日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 満足とは行かないもののミツマタの写真をカメラに納めて、至近距離の新治市民の森に転戦した。今日はやや風が強く気温も低くて「どうかな」と思われたが、結果は鳥の出は良かった。しかし、ヤマガラの姿が一昨日と同様に少なくなった。たくさんいた頃の3割位である。それでも常連さんに遊んで貰った後、谷戸奥へ行くとルリビタキの若雄が、タラノキ畑の近くにはジョウビタキの雌が、入り口付近の畑には、ジョウピタキの雄が見られた。

zaki-20170307-jobitaki-osu.jpg
<ジョウビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの若雄、ジョウビタキの雌雄、ヤマガラ、シジュウカラ、アオジ、エナガ等。
posted by 花虫とおる at 18:35| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区四季の森公園(午後)

 昨日は午後から雨が降って自宅蟄居の一日となった。そんな訳で、お仲間のブログを色々見ていたらミツマタの写真が載っていた。今年はまだ撮っていないなあと、今日は迷わず四季の森公園へ行った。有名なミツマタだが意外と植栽されている所が少ない。ミツマタは中国原産で、枝が三つ叉に分かれるところから「ミツマタ」と名付けられ、和紙の原料として著名である。また同じ科のジンチョウゲと同じく移植にはとても弱いらしく、それが各所に植えられていない一因かもしれない。

zaki-20170307-mitsumata.jpg
<ミツマタ>

 ミツマタの気の利いた写真をと意気込んだが、良い枝ぶりのものが見つからず、ワンパターンの青空バックで撮影した。他に撮るものは無いかと探したが、もうすでに2度紹介しているサンシュユ位であった。そこで、カワセミはいるかなと蓮池を覗いたが、カルガモとカワウがいたのみであった。それでもベンチ裏のマンサクが綺麗に咲いていたので撮影した。小振りので花期がシナマンサクより遅く、枯葉が全て落葉しているので、間違いなくマンサクである。

zaki-20170307-mansaku.jpg
<マンサク>

<今日出会った主なもの>花/ミツマタ、サンシュユ、マンサク、シナマンサク、アカバナマンサク、ウメ、カンヒザクラ、ハナモモ等。鳥/カルガモ、カワウ等。
posted by 花虫とおる at 18:34| Comment(0) | 緑  区

2017年03月05日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 花の撮影が無事に終わると、昨日、鳥の出が良かった新治市民の森へ行った。しかし、カワセミの池まではこれといった野鳥は見られず、広場の小鳥達はシジュウカラやアオジは昨日と同じく賑わっていたが、ヤマガラはかなり少なかった。また、猛禽類でも近くに居るのかなと見回したが居なかった。帰りがけに谷戸の奥も覗いたがルリビタキの若雄は見られず、帰路、田んぼの棒の先にモズの雄が止まっていた。また、ジョウビタキの雄も見られたが、今日はよそよそしかった。

zaki-20170305-shijyukara.jpg
<シジュウカラ>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキの雄、モズ、ヤマガラ、エナガ、シジュウカラ、アオジ、ツグミ等。
posted by 花虫とおる at 18:32| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 今日は朝から気温が高い。やはり3月に入って春めいて来たなあと感ずる。そんな訳では無いが、今まで、ちらりほらりと咲いていて、花弁も寒さで傷ついているものが多かったウグイスカグラも、たくさん咲いて生き生きとしているのではないかと、久しぶりに茅ヶ崎公園へ行った。ポイントに到着すると、かなり咲いていて嬉しくなったが、良い枝ぶりのものはかなり少ない。そこで、尾根筋まで上がって探したら、本当に綺麗な花が咲いていて笑みが毀れた。

zaki-20170305-uguisukagura.jpg
<ウグイスカグラ>

 次は、トサミズキを撮ろうと緑道まで下りて行ったが、予想通り開花し始めていた。ネットで調べてみると、四国に分布し、特に高知(土佐)の蛇紋岩地に野生のものが多く見られるため、トサミズキと名付けられとある。また、ミズキと名前が付くがミズキ科ではなく、マンサク科の植物だと言う。それにしても、マンサクに比べると随分と花の形が違うなあと思った。その後、尾根に上がってお便所を覗いて見たが、蛾の仲間は一匹だに見られなかった。

zaki-20170305-tosamizuki.jpg
<トサミズキ>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ、カワヅザクラ、カンヒザクラ、トサミズキ、ツバキ等。
posted by 花虫とおる at 18:29| Comment(0) | 都筑区

2017年03月04日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 そんな訳で時間がかなり余ったで、三保町のクリエイトへ行って買い物をすませた。美味しい牛乳が一パック148円(税抜)と安く、まだミカンが一袋398円(税抜)で売られているのである。その後、例によって新治市民の森へ行ったが、今日は鳥の出が良くて、ルリビタキの若雄、ジョウビタキの雌雄が見られた。ジョウビタキの雄は帰路の畑に現われるのだが、数日間見られなかったのは、日没が遅くなったから、ご出勤が遅れていたようである。

zaki-20170304-jobitaki-osu.jpg
<ジョウビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの若雄、ジョウビタキの雌雄、モズ、ヤマガラ、シジュウカラ、アオジ、アオサギ、ノスリ等。
posted by 花虫とおる at 18:46| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区鶴見川(午後)

 昨日、イヌコリヤナギを撮りに新横浜公園へ行ったが、カモ類は1羽だに見られなかったと記した。それならば、旅立ちの遅いヒドリガモでも撮ろうと鶴見川へ行った。ポンプ場の鉄パイプを見上げたが、今日もNO鳥見ングであった。そこで期待して土手を上がって降り河原に行ったが、オオバンとオナガガモの番が一組見られただけで天を仰いだ。遠く堰のコンクリにセグロカモメが居たが絵にならず、オナガガモを撮ってトホホの退散となった。

zaki-20170304-onagagamo.jpg
<オナガガモ>

<今日出会った主なもの>鳥/セグロカモメ、オナガガモ、オオバン等。
posted by 花虫とおる at 18:44| Comment(0) | 緑  区

2017年03月03日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 新横浜公園での散策が終了し車に戻る途中、急に黒い雲が空を覆って雨が降って来たので、足早に車に逃げこんだ。空を見上げると新治市民の森方面は明るいので行ってみると、ほとんど雨は止んでいて、ぱらぱら降った程度のようで道路は乾いていた。そこで毎度お馴染みの鎌立谷戸へ行った。途中、モズやシロハラが顔を出し、カワセミの池には大きなダイサギがいたが、アオジを撮って戻ると、久しぶりに遠くだがジョウビタキの雄を確認して嬉しくなった。

zaki-20170303-aoji.jpg
<アオジの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/モズ、シロハラ、ヤマガラ、シジュウカラ、アオジ、ダイサギ等。
posted by 花虫とおる at 18:14| Comment(0) | 緑  区

横浜市港北区新横浜公園(午後)

 グループサウンズ「ザ・スパイダース」のメンバーとして人気を集め、解散してからもずっと音楽活動を続けていた「ムッシュかまやつ」氏が肝臓癌で亡くなった。詳細に調べてみると膵臓癌からの転移らしく、同病者としてはまこと暗くなる。しかし、自分は自分と新横浜公園へ行った。何故か毎年、イヌコリヤナギを撮らないと寂しいのである。散策を開始するとキタテハも飛んでいた。しかし、遊水地のカモは1羽だに見られず、季節は確実に変わったようである。

zaki-20170303-inukoriyanagi.jpg
<イヌコリヤナギ>

<今日出会った主なもの>花/イヌコリヤナギ等。蝶/キタテハ等。鳥/オオバン、ダイサギ、ムクドリ、ツグミ、ハクセキレイ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:10| Comment(0) | 港北区

2017年03月01日

横浜市緑区(仮称)オオタカの森(夕方)

 花の撮影は順調で時間が余り、近くの折田不動公園でも足を伸ばしてみようかなとも思ったが、知り合いに会いそうなので止めにした。そこで、久しぶりに(仮称)オオタカの森へ行った。年がら年中のように新治市民の森でヤマガラ、シジュウカラと遊ぶのもちょい飽きた。ポイントに到着して切り株に腰かけてオオタカを待つと、雌ないし若鳥と思われるものがやって来て枝に止まってくれた。小枝が多く今一であったが、久しぶりのオオタカなのでアップする事にした。

zaki-20170301-ootaka.jpg
<オオタカの雌ないし若鳥>

<今日出会った主なもの>鳥/オオタカの若鳥、ヤマガラ、シジュウカラ等。
posted by 花虫とおる at 18:31| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区荏田南(午後)

 早いもので今日から3月、ひな祭りももうすぐである。「灯りを点けましょボンボリに、お花をあげましょ桃の花、 五人ばやしの笛太鼓。今日は楽しいひな祭り」と歌にあるので、やはり3月に入ったのだから桃の花を撮ろうと荏田南へ行った。もちろんモモと言ってもハナモモなのだが、ほんものの食べるモモの花はもう少し遅れて咲く。ハナモモはひな祭りに前後に開花し大型の花で美しいのだが、花弁が縮れていて雄蕊や雌蕊が隠れて見えないものがほとんどである。

zaki-20170301-hanamomo.jpg
<ハナモモ>

 しかし、なんとか雄蕊や雌蕊がかすかに見えるものを探して青空バックで撮影した。あたり一面には広大なサンシュユの畑があって、前回来た時は数本の開花状況であったが、今日はほとんどの木が開花していた。地面にはホトケノザが咲きカラスノエンドウの葉が伸びて緑が美しかった。空の青、ハナモモのピンク、サンシュユの黄色、地面のカラスノエンドウの葉の緑と、まこと春爛漫が近づいているなあと感じた。大病後の闘病生活が続いているが、やはり春は格別である。

zaki-20170301-sanshyuyu.jpg
<サンシュユ>

<今日出会った主なもの>花/ハナモモ、サンシュユ、シナマンサク、マンサク、ウメ、ホトケノザ等。
posted by 花虫とおる at 18:28| Comment(0) | 都筑区