2014年06月25日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。しかし、昨日は東京の一部で雹がかなり積もったりの大荒れの天気で、今日も不安定な状況が続くと予報されていて心配したが、散策終了時間の午後2時半までもったからほっとした。逆に時折陽が射す程度で、この時期としては快適な散策日和となった。まずは例によって熊の池へ通ずる小道から散策を開始したが、強力な虫目部隊だからすぐにカタツムリの速度となり、更に田んぼにはゴイサギの成鳥がいたから嬉しくなった。

zaki-20140625-ramikamikiri-2.jpg
<ラミーカミキリの雌>

熊の池まで行ってUターンして石畳みの道経由でむじな池へ行ったが、昆虫横丁へは右折せず、まずはゼフィルスの丘へ行ってみた。するとオカトラノオの群落にメスグロヒョウモンが吸蜜に訪れていた。田んぼ脇では人懐こいコオニヤンマがいて、参加者の帽子に止まってくれた。また、カラムシ群落に美麗なラミーカミキリが見つかり、カミキリ使いのZさんが近くに連れて来てくれた。更に少し行ったクヌギの伐採丸太に、ルリボシカミキリが這っていた。

zaki-20140625-akaganesaruhamushi.jpg
<アカガネサルハムシ>

そんな訳で、寺家ふるさと村においての本命たる昆虫横丁へ行く前に昼食時間となり、付近にベンチが無いから、田んぼのコンクリの畔に腰を降ろしての昼食となった。その後、もちろん昆虫横丁へ行ったが、本日のメインテーマである「ササキリ坊やと遊ぼう」を満喫し、例によってアカガネサルハムシ、ハスジカツオゾウムシ、キベリトゲハムシ等が見られ、集団的自衛権行使容認の安倍ちゃんとは逆の、平和でのんびりモードのオジロアシナガゾウムシがたくさんいた。

zaki-20140625-momobutosukashiba.jpg
<モモブトスカシバ>

<今日出会った主なもの>花/オカトラノオ、アキノタムラソウ、ウツボグサ、ハエドクソウ、ナワシロイチゴ等。蝶/メスグロヒョウモン、キタテハ、テングチョウ、ヒメジャノメ、ウラギンシジミ、ベニシジミ、オオチャバセセリ、キマダラセセリ等。昆虫/カシルリオトシブミ、ヒメクロオトシブミ、ハスジカツオゾウムシ、オジロアシナガゾウムシ、ヒメシロコブゾウムシ、コフキゾウムシ、ラミーカミキリ、ルリボシカミキリ、ヒメヒゲナガカミキリ、アトジロサビカミキリ、ナガゴマフカミキリ、ゴマフカミキリ、ドウガネサルハムシ、ジンガサハムシ、イノコズチカメノコハムシ、アトボシハムシ、キベリトゲハムシ、アカガネサルハムシ、トホシテントウ、ヨコヅナサシガメ、シマサシガメ、ホシハラビロヘリカメムシ、コオニヤンマ、ヤブキリの幼虫、モモブトスカシバ、カノコガ等。鳥/ホトトギス、ゴイサギ、アオサギ、カルガモ、ハシブトガラス等。その他/ヤマカガシ、アマガエル、ナワシロイチゴの実等。
posted by 花虫とおる at 18:28| Comment(0) | 青葉区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: