2014年07月08日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

今日は異常に湿度の高い束の間の梅雨の晴れ間だが、今週末は猛烈な台風8号が襲って来るかもしれないと予報されている。なんとなく嵐の前の静けさとも感ずる。こんな日は毎度お馴染みの木陰昆虫散策へ行くのだが、キノコの命は花の命より短いので、行くしかありませんねと茅ヶ崎公園へキノコ観察に出かけた。まずは小川沿いのキノコ横丁へ行って見たが、ニオイコベニタケがたくさん生えていてほっとした。お次は昆虫だなあと探したら、前に紹介した銅色では無く、青緑色の金属光沢で美しいヨモギハムシを見つけた。

zaki-20140708-nioikobenitake.jpg
<ニオイコベニタケ>

これでブログはアップ出来ると生態園の方へ歩いて行くと、なんと正門近くのコナラで産卵中のシロスジカミキリを見つけた。かなりの大型だが絵にならない場所なので、手でつかむとキーキーと音を立て、幹に這わせるとどんどん登って行く。「おとなしくしてよ、ブログにアツプするから、そうすればたくさん方に見て貰えるよ」と言い聞かせても静止しないので諦めた。その後、生態園裏門の窪地にキノコを探しに行ったら、大型のアカヤマドリやアメリカウラベニイロガワリ等が生えていたものの、良い絵柄は得られなかった。

zaki-20140708-yomogihamushi.jpg
<ヨモギハムシ>

<今日出会った主なもの>花/ツユクサ、ハエドクソウ等。蝶/アオスジアゲハ、テングチョウ、アカボシゴマダラ、キチョウ、ウラギンシジミ、ヤマトシジミ等。昆虫/シロスジカミキリ、セマダラコガネ、マメコガネ、トウキョウヒメハンミョウ、ヨモギハムシ、オニヤンマ、ショウジョウトンボ、オオシオカラトンボ、コシアキトンボ等。キノコ/アメリカウラベニイロガワリ、アカヤマドリ、ヤマドリタケモドキ、ツルタケ、テングタケ、ニオイコベニタケ、クサハツ、オキナクサハツ、カワリハツ、ハナオチバタケ、キツネタケ、マンネンタケ等。
posted by 花虫とおる at 14:16| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: