2014年07月12日

神奈川県大井町いこいの村(午後)

今日は昨日に比べると湿度が低いようで、昼食は土屋霊園の藤棚下でとったが、かなり快適だった。その後、車で30分かけて大井町いこいの村へ行った。まずは駐車場上の雑木林から散策を開始したが、なんとなんと飛び古してはいるが、ウラナミアカシジミとミズイロオナガシジミが現われたのには驚いた。ゼフィルスの季節に来れば、きっと多産しているに違いない。また、斜面や小道にはテングタケやニオイワチチタケ等のキノコが見られた。その後、本命なる雑木林に足を進めると、途中、なかなか出会えない美麗なホシベニカミキリがいて嬉しくなった。また、雑木林内にある伐採丸太には、ルリボシカミキリがあちこちたくさん這っていた。

zaki-20140712-hoshibenikamikiri.jpg
<ホシベニカミキリ>

しかし、今日の目的たるオオムラサキ等のタテハチョウは1頭だに観察出来ず、樹液酒場にはジャノメチョウやカナブンがたくさん見られた。そんな訳でかなり気落ちしたが、小田原の海や伊豆半島や箱根連山が見える開けた場所まで来ると、なんとなんと今季初、皆さんも出会いを渇望していたマスダクロホシタマムシがいて跳び上がった。近づくと飛び立ったり風が強かったりしたが、複数匹いたようで、何とか参加者のカメラの中に納まった。また、花ではサガミランやイチヤクソウが見られ、更に、シロスジカミキリを撮った方もいて驚いた。散策後のアイスコーヒーはとても美味しく、来年からは平塚市土屋は割愛して、ここのみ散策しようと意見が一致した。

zaki-20140712-janomecho.jpg
<ジャノメチョウ>

<今日出会った主なもの>花/ヤマユリ、ヤブカンゾウ、ウツボグサ、サガミラン等。蝶/モンキアゲハ、キタテハ、ジャノメチョウ、ヒカゲチョウ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミ、ベニシジミ等。昆虫/シロスジカミキリ、ホシベニカミキリ、ルリボシカミキリ、アカハナカミキリ、カナブン、コクワガタ、マスダクロホシタマムシ、ブタクサハムシ、セアカツノカメムシ等。キノコ/テングタケ、ウスキテングタケ、ドクベニタケ、ニオイワチチタケ等。その他/アオダイショウ等。
posted by 花虫とおる at 20:21| Comment(0) | 県  内
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: