2014年07月17日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

観察会では多大な成果が上がるものの、個人で散策すると貧果に泣く事が多いが寺家ふるさと村だが、今日も晴天、木陰の昆虫横丁しかないなと出かけてみた。それに、スケバハゴロモやオオムラサキの発生状況を知りたかったし、先だっての大井町いこいの村で見つかったタマツツハムシを撮影したかったのである。実は1ヵ月程前に昆虫横丁でタマツツハムシを見つけたのだが、残念ながら赤いダニが1匹ついていて画像を消去した。そこで、もう一度探してみようと思ったのである。しかし、今日の昆虫街道は本当に虫が少なく、タマツツハムシはもちろん、常連さんさえほとんど見当たらなかった。

zaki-20140717-shiroobitorinofundamashi.jpg
<シロオビトリノフンダマシ>

次にスケバハゴロモだが、ベッコウハゴロモ、アミガサハゴロモの成虫は見られたものの、まだ発生していなかった。ここでの発生源であるヤマグワの幼木の茎には幼虫が見られたので、今月末頃から成虫が見られるようになるだろう。お次はオオムラサキだが、かなり前から撮影した方もいるそうだが、発生は本当に少ないようであった。熊野橋横やむじな池上や蛇街道に樹液が出ているコナラやクヌギがあるので、運が良い方なら出会えるかもしれないが、寺家娘の栗羊羹さんさえ出会っていないのだから難しいだろう。以上、大した成果も情報も無かったが、木陰の昆虫街道はやはり過ごし易かった。

zaki-20140717-hakinagamizuabu.jpg
<ハキナガミズアブ>

<今日出会った主なもの>花/ヤマホトトギス、ミズタマソウ、アキノタムラソウ、ハエドクソウ等。蝶/カラスアゲハ、テングチョウ、ヒメウラナミジャノメ、ヒカゲチョウ、サトキマダラヒカゲ、イチモンジセセリ、チャバネセセリ等。昆虫/カナブン、マメコガネ、トウキョウヒメハンミョウ、オジロアシナガゾウムシ、ハスジカツオゾウムシ、ハイイロチョッキリ、カシルリオトシブミ、コフキゾウムシ、ヤマイモハムシ、クロウリハムシ、ニイニイゼミ、チョウトンボ、ハキナガミズアブ、ササキリの幼虫、ベッコウハゴロモ、アミガサハゴロモ等。キノコ/タマゴタケ等。 その他/ナワシロイチゴの実、シロオビトリノフンダマシ、アマガエル等。
posted by 花虫とおる at 20:12| Comment(0) | 青葉区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: