2014年07月31日

横浜市緑区横浜動物の森公園

HPの画像掲示板に横浜動物の森公園のカブトムシの投稿があったので、カブトムシがいるということは樹液が出ている、そこにゴマダラチョウ等もやって来ているという昆虫方程式なので、今日は迷わず横浜動物の森公園に決まった。車を梅田川遊水池に停めて三保念珠坂公園下経由でと歩き始めたが、遊水池周辺も公園下も草が伸び放題で行く手をはばまれ、これなら東電住宅に路駐した方が良さそうだと引き返して車を動かした。頻繁な草刈は昆虫観察の天敵だが、まったくなされないのも困った事だなあと苦笑いを浮かべた。

zaki-20140731-kabutomushi-osu.jpg
<カブトムシの雄>

住宅内の木陰に路駐して、まずは昆虫街道へ寄ったが、セアカツノカメムシやクサギカメムシが見られ、ハエドクソウがたくさん咲いていた。次は、もちろんクヌギの樹液酒場へ行ったが、カブトムシとカナブンはいたものの蝶の姿は無かった。あちこちのクヌギに鋭い刃物で傷がつけられていて、樹液は出ていたものの、カブトムシ、キタテハ、飛び古したルリタテハが各1頭見られただけだった。もうそろそろゴマダラチョウが見られてもおかしくないのにと思ったが、何となく今年は不作なのかなあという思いが頭をよぎった。

zaki-20140731-tsuchiinago-yochyu.jpg
<ツチイナゴの幼虫>

こうなったら日向で暑いけど掘立小屋広場のススキの原で、アカハネナガウンカやオオトリマフンダマシを見つけようと降りて行ったが、両種はいなかったものの、まずはクロコノマチョウの幼虫を見つけた。顔に小さな三角形の緑の紋が1つあるだけで、決して美顔とは言い難かったが、もちろんカメラの中に丁寧に納めた。ススキの葉には可愛らしいツチイナゴの幼虫もたくさん見られ、三脚を立てて撮影していると、前足で複眼や頭の清掃をし始めたので、ばんばんシャッターを切って楽しいシーンを得る事が出来てほっした。

zaki-20140731-kurokonomacho-yochyu.jpg
<クロコノマチョウの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ハエドクソウ、ヘクソカズラ、ダイコンソウ等。蝶/モンキアゲハ、アカボシゴマダラ、ルリタテハ、キタテハ、クロコノマチョウの幼虫等。昆虫/カブトムシ、カナブン、マメコガネ、マダラアシゾウムシ、ハキナガミズアブ、ベッコウハゴロモ、アミガサハゴロモ、セアカツノカメムシ、クサギカメムシ、ツチイナゴの幼虫、オニヤンマ等。
posted by 花虫とおる at 16:06| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: