2014年08月06日

横浜市緑区三保市民の森

今日も夏空一杯だが湿度も高く風も強い。東北北部に停滞している前線に向かって、湿った大気が流れ込んでいるようで、関東東海地方を除く各地で大気が不安定となり、かなりの雨に見舞われている様である。安倍ちゃんのお蔭で世の中は暗くなり、その為か気分が落ち込む事件が続いている。それプラスの極暑なのだから散策する気分も減退するが、もう少し経てば涼しい嬬恋村での夏休みと今日も身体に鞭打って、風が強い時の逃げ場である三保市民の森へ行った。

zaki-20140806-esakimonkitsunokamemushi.jpg
<エサキモンキツノカメムシ>

いつもの木陰に路駐して旧道に下りて行くとムラサキツバメがいて驚いた。ムラサキシジミに比べると一回り大きく尾状突起があるので判別はたやすい。植樹であるマテバシイが何処かに植栽されているのだろう。しかし、旧道もバス通りも昆虫の姿は少なく、暑さ+強風の影響もかなりあるようだ。そこで谷道へ行ったが、風は遮られて無かったものの、これまた虫枯れ状態で、特にゾウムシやハムシの仲間は皆無で、甲虫類ではキボシカミキリが一匹見られただけだった。

zaki-20140806-kamemushi-yochyu.jpg
<カメムシの仲間の幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ナツズイセン、ヨウシュヤマゴボウ、ニガクサ、ヘクソカズラ、ツユクサ等。蝶/カラスアゲハ、アカボシゴマダラ、コミスジ、テングチョウ、クロコノマチョウの幼虫、ムラサキツバメ、ムラサキシジミ、ツバメシジミ等。昆虫/キボシカミキリ、キバラヘリカメムシ、チャバネアオカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、アミガサハゴロモ、ベッコウハゴロモ、アオバハゴロモ、ササキリの幼虫、ハキナガミズアブ、ショウジョウトンボ、シオカラトンボ、オオシオカラトンボ、ヨツスジヒメシンクイ、コウゾハマキ等。
posted by 花虫とおる at 17:33| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: