2014年08月15日

群馬県吾妻郡長野原町浅間牧場(午前)

全国的には前線の停滞で雨模様の天気のようだが、何故だか関東地方は晴れで猛暑日になると予報されていた。そこで今日は群馬県内で過ごそうと、滞在先から至近距離の浅間牧場へ行った。相変わらずの早い到着なので駐車場はがらがらだったが、すぐに満杯になる事だろう。例によって「丘を越えての碑」経由で登っていったが、アオクチブトカメムシの幼虫やトゲカメムシ等、各種のカメムシが見られた。また、木立の中にはトチバニンジンの実が真っ赤に色づいていた。丘の上の草原には、カセンソウ、コオニユリ、オミナエシ、マツムシソウ、グンナイフウロ等が美しく咲き競っていた。

zaki-20140815-monkikurokasumikamemushi.jpg
<モンキクロカスミカメムシ>

帰路はトイレのある場所から駐車場に向かって緩やかな勾配の遊歩道を下りて行くのだが、両脇の樹林下の草原が浅間牧場における昆虫観察の本命場所である。蝶ではノハラアザミにクジャクチョウ、ウラギンヒョウモン、モンキチョウが見られ、相変わらずカメムシの仲間が多く、葉上に目を向けると次から次へと見つけることが出来た。甲虫ではヤマハンノキの葉上でオトシブミを見つけたが、活動が活発で撮影する事が出来なかった。また平地でもお馴染みのヒメシロコブゾウムシがウドに、イタドリハムシがイタドリにたくさん見られた。

zaki-20140815-himeashinagakogane.jpg
<ヒメアシナガコガネ>

<今日出会った主なもの>花/コオニユリ、オミナエシ、マツムシソウ、カセンソウ、グンナイフウロ、キツリフネ、クサレダマ、ノハラアザミ等。蝶/クジャクチョウ、ウラギンヒョウモン、モンキチョウ等。昆虫/アカハナカミキリ、ヒメアシナガコガネ、マメコガネ、セマダラコガネ、オトシブミ、イタドリハムシ、ヒメシロコブゾウムシ、モンキクロカスミカメムシ、トゲカメムシ、ツノアオカメムシ、アオクチブトカメムシの幼虫、ジュウジナガカメムシ、アキアカネ、ノシメトンボ等。その他/トチバニンジンの実等。
posted by 花虫とおる at 18:00| Comment(0) | 群馬県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: