2014年08月19日

長野県東御市湯の丸高原(午前)

今日は嬬恋村に来てから初めての青空一杯の晴天で、浅間山がくっきりと良く見える。それ程多い訳では無いが、相変わらず白い噴煙が立ち昇っていて、これこそ活火山の証明である。そんな訳で、夏が舞い戻って来たというより出戻って来たとの感が強く、ちょいと遅過ぎるよなあと苦笑いが出た。今季は少し遠い高原には行く気が起きないと前述したが、湯の丸高原は至近距離だから計画に入れていて、ヒョウモンチョウ類が新鮮な内に行こうと思っていた。それが今日になってしまったのだから、まこと悪天候が続き過ぎた。

zaki-20140819-noazami.jpg
<ノアザミ>

地蔵峠の駐車場に車を停めて臼窪湿原を目指して林道を歩き始めた。ゆっくり歩いても10分もかからずに広々とした湿原に到着した。手前はキャンプ場になっているのだが、お客さんは誰もいないようで、すでに夏は終わったようである。湿原には大好きなノアザミの群落が広がっていて、蝶が吸蜜に現れれば絶好の絵柄となる。そこで粘ったが、キアゲハ、ウラギンヒョウモン、コヒョウモン、クジャクチョウ等がやって来たが少なく、風もやや強くて撮影出来なかった。しかし、ほとんど人が来ない静けさは最高であった。

zaki-20140819-akiakane.jpg
<アキアカネ>

<今日出会った主なもの>花/マツムシソウ、アキノキリンソウ、ゴマナ、マルバダケブキ、アサマフウロ、シャジクソウ、シモツケソウ、コオニユリ、ヤナギラン、サワヒヨドリ、ノアザミ、ノハラアザミ、ツリガネニンジン、ウド、ワレモコウ、シモツケ、マルバハギ等。蝶/キアゲハ、アサギマダラ、エルタテハ、クジャクチョウ、ギンボシヒョウモン、ウラギンヒョウモン、コヒョウモン、ベニヒカゲ、ヒメキマダラヒカゲ、オオチャバネセセリ等。昆虫/アカハナカミキリ、マメコガネ、トゲカメムシ、ベニモンツノカメムシ、アキアカネ、ノシメトンボ等。
posted by 花虫とおる at 18:00| Comment(0) | 長野県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: