2014年09月04日

横浜市緑区梅田川(午前)

殺虫剤をかなり散布したから藪蚊はほとんど姿を消したと思っていた代々木公園だが、藪蚊の採集装置を園内10カ所に設置したところ、なんと276匹も採集されたいう。まことに生命力のある昆虫である。更に悪い事に、採集された藪蚊からデング熱のウイルスを検出され、代々木公園の北側地区全体が閉鎖となった。隣接する明治神宮でも藪蚊に刺され発症した方が現れ、今後、明治神宮も殺虫剤散布や池の水抜き等が行われるかもしれない。そうなったら、楽しみにしている明治神宮内苑での冬の野鳥ウォッチングも寂しいものになるだろう。

zaki-20140904-marubarukoso.jpg
<マルバルコウソウ>

今日も昨日に引き続いてかなり涼しい。なんだか夏が遠くへ過ぎ去ったようで、嬉しいやら寂しいやら不思議な気持ちだ。そこで今日は平坦で楽々ほいの梅田川へ行った。秋が来ると写したくなるマルバルコウソウがクルミ広場へ通ずる道にたくさん咲いていて、おまけにアレチウリの花も咲き出していた。ちょっと前までカガイモも咲いていたから、蔓植物の天国である。まあ、手入れがされていない証拠なのだが、まこと有り難い限りである。昆虫はこれといったものは見られなかったが、秘密の樹液酒場にコクワガタの雄が一匹だけで寂しく吸汁していた。

zaki-20140904-kisujihosomadara.jpg
<キスジホソマダラ>

<今日出会った主なもの>花/マルバルコウソウ、アレチウリ、ツユクサ、ヘクソカズラ、ヤマハギ等。蝶/ヒメアカタテハ、イチモンジチョウ、イチモンジセセリ、チャバネセセリ等。昆虫/コクワガタ、クロウリハムシ、チャバネアオカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシの幼虫、マユタテアカネ、ハグロトンボ等。
posted by 花虫とおる at 18:02| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: