2014年09月05日

横浜市緑区北八朔公園

昨日の道端雑記で「夏が遠くへ過ぎ去ったようで、嬉しいやら寂しいやら不思議な気持ちだ」と記したら、なんと今日は異常に湿度の高い耐え難き残暑となった。あんな事を書かなければ良かったなあと思ったが、まこと後の祭りである。そこでという訳ではないが、樹液酒場が気になって先だって散策したばかりの北八朔公園へ行った。しかし、公園奥のクヌギの樹液は枯れてしまったのか、まったく昆虫の姿は無かった。残暑は舞い戻って来たが、樹液酒場の賑わいは再び戻る事は無さそうで、来季まで閉店となった。

zaki-20140905-esakimonkitsunokamemushi.jpg
<エサキモンキツノカメムシ>

しからば他の昆虫やーいと探したが、クロコノマチョウの幼虫等を見つけたが、風がかなりあって撮影する事が出来なかった。こんなに風が強いと昆虫横丁もNGで、今日はまったくのNOシャッターかなと危惧されたが、昆虫横丁は風が遮られる様でほとんど無風に近かった。そこで行ったり来たりと下草の葉上に注意して往復したが、他所と同じく昆虫の姿は少なかった。それでもカメムシの仲間は普通種だがほどほどに見られて、まだ今年は紹介していないメンガタカスミカメムシを撮って、なんとかブログアップにこぎ着けた。

zaki-20140905-mengatakasumikamemushi.jpg
<メンガタカスミカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/ヌスビトハギ、アレチヌスビトハギ、ヘクソカズラ、ママコノシリヌグイ、ツユクサ等。蝶/モンキアゲハ、クロアゲハ、アカボシゴマダラ、コミスジ、クロコノマチョウの幼虫、サトキマダラヒカゲ、イチモンジセセリ等。昆虫/アオドウガネ、オジロアシナガゾウムシ、コフキゾウムシ、クロウリハムシ、アブラゼミ、クサギカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、メンガタカスミカメムシ、べッコウハゴロモ、オオシオカラトンボ、シオカラトンボ、ショウジョウトンボ、ツチイナゴの幼虫、オンブバッタ、コバネイナゴ、ヨツスジヒメシンクイ等。
posted by 花虫とおる at 15:56| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: