2014年09月15日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

このところキノコ巡りで大原みねみち公園、葛ヶ谷公園、鴨池公園、都筑中央公園と散策したので、茅ヶ崎公園へ行かないのは片手落ちと思われ出かけてみた。まずは当然の事として小川に沿ったキノコ横丁へ行ったが、有難い事にテングタケの幼菌が残っていて嬉しくなった。どうしてこんなに綺麗に白色のつぼが傘に残るのだろうといつも不思議に思う。撮影をしていると散歩する数人の方に種名を聞かれたが、猛毒のテングタケで、食べると救急車で昭和大学北部病院に運ばれますよと答えたが、図鑑によると死に至る程の猛毒ではないらしい。

zaki-20140915-tengutake-yokin.jpg
<テングタケの幼菌>

その後、キノコ横丁を更に奥へ進むと、キタマゴタケ、キツネタケ、ニオイコベニタケ等が生えていたが、シャッターを切るまでには至らなかった。そこで今日は祝日だから開園している生態園へ行ったが、相変わらず各種の花が咲いていた。稀少性や美しさからはシロバナサクラタデなのだろうが、極々普通のツルマメをカメラに納めた。何故かマメ科の花が好きなのである。もちろん昆虫も探したのだが少なく、アミガサハゴロモやツマグロオオヨコバイが見られた位で、まだアキアカネも舞い戻っていないし、一種の端境期なのかなあと苦笑した。

zaki-20140915-tsurumame.jpg
<ツルマメ>

<今日出会った主なもの>花/ヒガンバナ、ツルボ、ゲンノショウコ、キクイモ、タイアザミ、キツネノマゴ、ノダケ、シロバナサクラタデ、サクラタデ、イヌタデ、ツルマメ、キンミズヒキ、タカサブロウ、ツユクサ、ヤマハギ等。蝶/ナガサキアゲハ、アカボシゴマダラ、ミドリヒョウモン、サトキマダラヒカゲ、ヒカゲチョウ、ツバメシジミ、ヤマトシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/アオドウガネ、マメコガネ、ツクツクボウシ、ホウズキカメムシ、アミガサハゴロモ、ツマグロオオヨコバイ等。キノコ/テングタケ、ウスキテングタケ、キタマゴタケ、ツルタケ、ヤマドリタケモドキ、キツネタケ、ニオイコベニタケ等。その他/シマヘビ、ガマズミの実等。
posted by 花虫とおる at 18:39| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: