2014年09月24日

横浜市緑区四季の森公園

心配された台風16号は温帯低気圧に変わったが、次第に速度を上げて東北地方を通過する見通しとなった。この為、予定していた道端自然観察会は26日に順延と早々決め、明日は自宅蟄居になるだろうからと四季の森公園へ出かけた。目的は季節の花であるツリフネソウである。近場では寺家ふるさと村や鴨池公園に見られるのだが、どちらも足場が悪く藪蚊もうるさい場所だから、四季の森公園が楽々ほいほいという訳である。四季の森公園のツリフネソウは至る所に咲いているのだが、一番楽な蓮池へ直行した。

zaki-20140924-tsurifuneso.jpg
<ツリフネソウ>

咲き具合が心配されたが、やや盛期を過ぎていたものの、なんとかカメラに納める事が出来た。蓮池ではカワセミの3番子が飛来していて、多くの鳥撮りマンがひしめき合ってカメラを構えていた。その後、「昆虫やーい」と目的を変えたが、すぐにジュウジナガカメムシの幼虫を見つけてほくそ笑んだ。これでブログアップが出来ると気楽になって一回りしたが、タイアザミにミドリヒョウモンが吸蜜し、葦原奥にはアキノウギツカミが咲き、コジュケイの甲高い鳴き声が聞こえて来た。

zaki-20140924-jyujinagakamemushi-yochyu.jpg
<ジュウジナガカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ツリフネソウ、キツリフネ、ヤマホトトギス、タイアザミ、ヒガンバナ、ヤマハッカ、ツユクサ、ノササゲ、ヤブマメ、アキノウナギツカミ、ヤマハギ等。蝶/ミドリヒョウモン、キチョウ、キマダラセセリ、イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、ツマグロオオヨコバイ、ジュウジナガカメムシの幼虫、ホシハラビロヘリカメムシ、オンブバッタ、コバネイナゴ、ショウリョウバッタモドキ、ルリモンハナバチ、ミドリバエ等。鳥/カワセミ等。
posted by 花虫とおる at 15:33| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: