2014年10月24日

横浜市緑区梅田川

神様の思し召しか、日頃の疲れを癒しなさいと、3日間も本当に良く雨が降り続き、気温はかなり下がった。秋雨前線が停滞した為の様だが、例年より遅れ気味だと思う。いずれにしても本格的な秋到来という訳なので、ますます花や昆虫などの被写体が少なくなるに違いない。昨日は夕方遅くまでしとしとぴっちゃんだったので、日陰の場所や雑木林の中などは乾いていないだろう、また、久しぶりに太陽の光を一杯に浴びようと日向が多い梅田川へ行った。

zaki-20141024-kosumosu.jpg
<コスモス>

いつもの場所に路駐して三保念珠坂公園下へ行ったが、賑やかだった昆虫横丁は完全に閉店していた。しかし、ホソヒラタアブだけは元気で、日陰に咲いているコセンダングサに吸蜜に訪れていたので、なんでも撮らなければと、手持ちでばんばんシャッターを切った。フィルム時代だともったいなくてそんな芸当は出来なかったが、デジタルだと数打ちゃ当たるを実践出来るから撮影は本当に楽だ。

zaki-20141024-aokusakamemushi-yochyu.jpg
<アオクサカメムシの幼虫>

その後、バス通りに出るとUターンして新治市民の森の山裾沿いの小道で戻ったが、民家の庭先にはコギクやイソギク、コスモスが咲いていた。しかし、これといった被写体には巡り会わず、スモモの丘を登って行ったら、前回と同じポイントにアオクサカメムシの幼虫がいてほっとした。また、道しるべの柱にビジョオニグモがいて嬉しくなった。そんな訳で、またしても散策の最後につじつまが合った。

zaki-20141024-bijyoonigumo.jpg
<ビジョオニグモ>

<今日出会った主なもの>花/ヤクシソウ、ノコンギク、イヌタデ、ハキダメギク、ノゲシ、コセンダングサ、イモカタバミ等。蝶/アゲハ、モンシロチョウ、キチョウ、ウラギンシジミ、ベニシジミ、ウラナミシジミ、ヤマトシジミ等。昆虫/テントウムシ、アオクサカメムシの幼虫、アオバハゴロモ、ツマグロオオヨコバイ、ツチイナゴ、オンブバッタ、アキアカネ、マユタテアカネ等。その他/ビジョオニグモ、ノブドウの実、トキリマメの実等。
posted by 花虫とおる at 15:47| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: