2014年10月27日

横浜市都筑区鴨池公園(午前)

昨日の茅ヶ崎公園でキノコの発生が見られたので、港北ニュータウンのキノコの本命場所の1つである鴨池公園にも発生している筈と行ってみた。途中、葛ヶ谷公園へ寄ったが、昆虫横丁では草刈り機がブンブン唸りを上げて、こりゃー駄目だと御影橋をくぐって小川沿いの苔むしたポイントに期待したが、種名不明の小さいキノコが生えているだけだった。更に歩みを進めて鴨池公園入口近くまで来て、やっと立派なテングタケを数本見つけたが、今一写欲を誘わなかった。

zaki-20141027-shakuchirisoba.jpg
<シャクチリソバ>

こんな調子でノーシャッターで焦ったが、柿の木広場へ行けば何とかなるだろうと先を急いだ。広場は草刈りがなされているが、何故か「けやきが丘住宅」下は荒れ放題で、シャクチリソバがたくさん咲いていた。ネットで調べると、種子はえぐ味が強く食用に不敵だが、若葉は食用に出来、「野菜ソバ」の名で宣伝されたこともあったという。また、薬草として利用されているとある。柿の木広場はその名の通り柿の木が生えていて、落果にクロコノマチョウが2頭も吸汁していた。

zaki-20141027-hiyodorijogo-mi.jpg
<ヒヨドリジョウゴの実>

<今日出会った主なもの>花/シャクチリソバ、シロヨメナ、ツユクサ、イモカタバミ等。蝶/クロコノマチョウ、キチョウ等。昆虫/テントウムシ、ハリカメムシ、ツマグロオオヨコバイ等。キノコ/テングタケ、ニオイコベニタケ等。その他/ヒヨドリジョウゴの実、ゴンズイの実等。
posted by 花虫とおる at 18:27| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: