2014年10月31日

横浜市港北区新羽町

今日は午前中は雨の予報であったが、起床して外を見ると降っていない。どうやら深夜に雨が少し降ったようである。いつもの出発時間になると空は次第に明るくなり、これは儲けたなあと久しぶりに新羽町へ行った。夏の間は陽が遮られる所が少ないので敬遠していたのだ。しかし、今の季節は何処へ行っても同じだから安近短こそベストという訳である。散策を開始して新羽丘陵公園へ行くと、ウドンコ病菌等の菌類を食べるキイロテントウやクサギカメムシが見つかった。

zaki-20141031-onbubata.jpg
<オンブバッタ>

農耕地へ降りて行くと民家の庭先には各種の小菊やツワブキが、畑の縁には早くもホトケノザが咲いていた。また、手入れが行き届いていない空き地には、イシミカワがたわわに実っていた。今年は何処へ行ってもイシミカワに良く出会うが、ことによったら当たり年なのかもしれない。路傍の草原には竹の子顔のオンブバッタが葉影からこちらを見ていたので撮影した。何処にでもいて動作はスローモー、まことオジロアシナガゾウムシと同様に、親しみが沸く善虫である。

zaki-20141031-kirotento.jpg
<キイロテントウ>

<今日出会った主なもの>花/ノゲシ、アキノノゲシ、ホトケノザ、ハキダメギク、アカバナユウゲショウ、タイアザミ、イヌタデ、コセンダングサ、セイタカアワダチソウ等。蝶/ヒメアカタテハ、キタテハ、モンシロチョウ、キチョウ、ベニシジミ、ヤマトシジミ等。昆虫/テントウムシ、キイロテントウ、クサギカメムシ、ツマグロオオヨコバイ、アオバハゴロモ、オンブバッタ等。その他/イシミカワの実、ヒヨドリジョウゴの実、ノイバラの実、カラスウリの実、ゴンズイの実、ピラカンサの実等。
posted by 花虫とおる at 14:04| Comment(0) | 港北区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: