2014年11月12日

横浜市緑区北八朔公園(午前)

今朝は雨こそ降っていないが、早朝まで降っていたのだろうか道路がやや濡れている。空は雲がかなり厚いので、フィールドの葉や花や手摺の上には雨粒が残っているだろう。そんな訳で何処へ行こうかと悩んだが、予定通り北八朔公園へ出かけた。目的は真っ赤に色づいているサンシュユの実である。毎年この時期に必ず撮っていて、まことワンパターンなのだが、カメラに納めないと片手落ちの様な気持ちになる。たまには電車にでも乗って名所旧跡にでもと思うのだが、12月に入ったら考えてみよう。

zaki-20141112-sanshyuyu-mi.jpg
<サンシュユの実>

園内に入ると植栽されているサンシュユに直行したが、たわわに実っていてほっとした。その後、公園奥まで擬木の手摺に何か這っていないかと探したが、雨上がりだからか殆ど見られなかった。しかし、何故だかハラビロカマキリを3匹も見つけた。今日はやはり昆虫は無理なのかなと東名港北PA裏の昆虫横丁へ行って見ると、一匹だがエサキモンキツノカメムシを見つけて嬉しくなった。極々普通種なのだが今年は個体数が少ない。他のカメムシも少な目だから、やはり今季のカメムシ類は不作の様である。

zaki-20141112-esakimonkitsunokamemushi.jpg
<エサキモンキツノカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/イヌタデ、ノゲシ、コセンダングサ、ハキダメギク、ジュウガツザクラ等。蝶/ヤマトシジミ等。昆虫/テントウムシ、エサキモンキツノカメムシ、ハラビロカマキリ、コミミズクの幼虫等。その他/サンシュユの実、マユミの実等。
posted by 花虫とおる at 18:06| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: