2014年11月30日

横浜市港北区新吉田町(午前)

昨日もほぼ一日中雨が降った。まこと「山茶花梅雨」だなあと苦笑したが、明日の午後からはしばらく晴天が続きそうである。今日は生態園が開園している日だからと茅ヶ崎公園へ行ってみたが、昨日の雨が乾ききっていなくて、木々の幹や葉や小道等が濡れていた。そこで、これは「あかん」と踵を返して新吉田町へ転戦した。日向が多いフィールドだから路傍はかなり乾いていたが、日陰に垂れ下がるヒヨドリジョウゴやアマチャヅルの実には水滴がついていた。

zaki-20141130-kusagi-yokon.jpg
<クサギの葉痕>

今日も貧果必至なので、まずはクサギの葉痕をカメラに納めた。次に、エビヅルがたわわに実っていたので、頂きますとカメラを向けたが、今一絵にならず、実を数粒口の中に放り込んだ。酸っぱいもののかなり美味である。その後、少なくともイラガの繭と探したが見つからず、農家の塀に期待して行って見たら、キタテハ、ツチイナゴ、ヒシバッタ、ウリハムシ等が日向ぼっこに来ていた。その中でもウリハムシがやたらと多く、成虫で越冬するのだろうか。

zaki-20141130-tsuchiinago.jpg
<ツチイナゴ>

<今日出会った主なもの>花/ベニバナボロギク、ホトケノザ、ハキダメギク、ノゲシ等。蝶/キタテハ、キチョウ、ヤマトシジミ等。昆虫/ツチイナゴ、ヒシバッタ、ウリハムシ等。その他/エビヅルの実、アオツヅラフジの実、ヒヨドリジョウゴの実、アマチャヅルの実、ヘクソカズラの実、ピラカンサの実、ノイバラの実等。
posted by 花虫とおる at 18:29| Comment(0) | 港北区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: