2014年12月07日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

本格的な冬到来でかなり寒くなった。そこで昨晩、厚い掛け布団を1枚追加して寝るか、それとも電気アンカを使用するかとハムレットの様に悩んだが、軽い方が安眠出来そうなので電気アンカにした。とは言っても温度設定は弱で充分暖かかったから、寒さはまだまだ序盤と思ったのだが、自宅を出発して茅ヶ崎公園へ向かう途中の新吉田町の畑には、びっしりと霜が降りていた。厳冬期だって、これ程白く霜に覆われる事は珍しいのだから思った以上に寒かったのだ。

zaki-20141207-murasakishikibu-mi.jpg
<ムラサキシキブの実>

茅ヶ崎公園へ到着すると、まずは彩が欲しいと木の実を探したが、ムラサキシキブやゴンズイの実が僅かに残っているだけだった。次に、お馴染みの手摺昆虫観察とお便所昆虫観察を開始したが、公園の便所の壁にはなにも見つからなかった。雑木林にはクロスジフユエダシャクがひらひら舞っているのだが、フユシャクの仲間の発生はこれからが本番なのだろう。期待した手摺も寂しかったが、ウスキホシテントウやクロスジフユエダシャクの雄を見つけて嬉しくなった。

zaki-20141207-kurosujifuyuedashaku.jpg
<クロスジフユエダシャクの雄>

<今日出会った主なもの>昆虫/テントウムシ、ウスキホシテントウ、クロスジフユエダシャク等。鳥/ウグイス、メジロ、カルガモ等。その他/マンリョウの実、ムラサキシキブの実、ゴンズイの実等。
posted by 花虫とおる at 18:29| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: