2014年12月15日

神奈川県川崎市麻生区早野の里(午前)

当選を決めた自民党の小泉進次郎氏は「熱狂なき選挙であり、熱狂なき圧勝だった」と語ったと新聞に載っていた。まこと今回の選挙は白けきっていて、投票率は52%と戦後最低を記録した。選挙前の予想通りに与党の圧勝で、当選者も変わり映えしない。なんの為の選挙だったのと問われれば「安倍ちゃんが信任され、長期政権が確立した選挙」と位置づけられるのだろう。おぼっちんと思っていたが、一度挫折しているからか、なかなかのしたたか者であった。

zaki-20141215-oodemari-yokon.jpg
<オオデマリの葉痕>

今日は朝こそ寒かったが風も無くぽかぽか陽気、何処へ行っても同じとばかりに久しぶりに早野の里へ行った。まずは例によってジャコウアゲハの蛹を探したが皆無で、やはり少々早かった草刈りの影響である。ほんの少しある手摺にも昆虫の姿は無く、農耕地へ降りて行ってオオデマリの葉痕をカメラに納めた。その後、ハンノキ林へ歩みを進めたが、ジョウビタキの雌がいた位でこれといった被写体は無く、そこでまた農耕地へ引き返してマサキの実を撮った。

zaki-20141215-masaki-mi.jpg
<マサキの実>

<今日出会った主なもの>昆虫/キイロテントウ、ハラビロカマキリの卵のう等。鳥/ジョウビタキの雌等。その他/マサキの実、ピラカンサの実、ツルウメモドキの実、ヘクソカズラの実等。
posted by 花虫とおる at 19:20| Comment(0) | 川崎市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: