2014年12月30日

横浜市都筑区鴨池公園

今季の冬鳥の飛来状況はカモの仲間は順調のようだが、小鳥類は、ジョウビタキ、アオジ、カシラダカ等を除くと少ないように思われる。特にルリビタキの綺麗な雄が少なく、2ヶ所ほどで出会って撮影しているが、まったく絵にならないので消去の運命となった。そんな訳で「青いルリビタキやーい」と探しているのだが、なかなか出会えない。こうなったら東京都内の公園へ行くしかないのだが、まずは至近距離の鴨池公園と都筑中央公園も探さねばと行ってみた。

zaki-20141230-hiyodorijogo-mi.jpg
<ヒヨドリジョウゴの実>

しかし、実績のあるポイントでかなり頑張ったが、ヒヨドリがいる位で鳥影は少なかった。こうなってはブログアップにこぎ着けないので、マクロレンズ装着の一眼レフに変えて散策を再開した。手摺にチャバネフユエダシャクの雌を見つけたが絵にならず、鴨池公園の柿の木広場へ戻ってヒヨドリジョウゴの実を撮った。葉が落ちたので、こんなにあったのと驚くほどたくさんぶら下がっていた。その後、つづきの丘小学校前の小さな公園で、アキニレの葉痕を撮って引き上げた。

zaki-20141230-akinire-yokon.jpg
<アキニレの葉痕>

<今日出会った主なもの>昆虫/ハラビロカマキリの卵のう、チャバネフユエダシャクの雌等。鳥/ヒヨドリ等。その他/ヒヨドリジョウゴの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:28| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: