2015年02月23日

横浜市港北区新吉田町

今日は気温がぐんぐん上がって、4月上旬並みの20度前後になると予報されていた。この為、朝から気温がかなり高く春の服装で出発した。いつもの場所に車を停めて丘の上の植木屋さんの畑へ行ったが、シナマンサクは盛りを過ぎ、紅白の梅は満開で、更にサンシュユも咲き始めたから、丘の上はかなり賑やかとなった。カワヅザクラやアセビの蕾も膨らんで来たので、いよいよ3月だなあと感じ入った。今年の冬はヤフオクでかなり稼いだが、時間が経つのが早過ぎた。

zaki-20150224-hotokenoza.jpg
<ホトケノザ>

植木屋さんの畑を後にすると、陽当たりの良い路傍の野の花を愛でに行った。今日はコハコベも仲間入りしていた。コハコベは春の七草の一つで食用ともなるが、子供の頃はジュウシマツやニワトリの餌に摘んだものである。良く似た種としてミドリハコベがあるが雄蕊の数等が異なる。その後、杉山神社方面を一回りしたが、気温がぐんぐん上がって暑い位であった。この春の様な陽気は明後日までで、また寒くなるというが、完全に厳冬期は過ぎ去ったなあと微笑んだ。

zaki-20150224-kohakobe.jpg
<コハコベ>

<今日出会った主なもの>花/アセビ、サンシュユ、ウメ、シナマンサク、オウバイ、コハコベ、ナズナ、タネツケバナ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ、ビオラ、フユシラズ等。昆虫/ナナホシテントウ等。
posted by 花虫とおる at 18:14| Comment(0) | 港北区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: