2015年03月05日

横浜市都筑区大原みねみち公園(午前)

今日は朝から雲一つない青空だが風がやや強い。少し前までだったら、こんな日はかなり寒いのだが、やはり3月、それ程でも無い。今日は、東方公園に隣接する防火緑地帯に植栽されているブンゴウメを撮りに行った。ブンゴウメは漢字で書くと豊後梅で、古くから豊後(大分県)の名産として知られたウメと言われている。また、アンズとウメの雑種との説もあり、ウメに比べて樹勢が強く、花は3月に入って咲き、実はかなり大きいという特徴がある。

zaki-20150305-mitsumata.jpg
<ミツマタ>

所期の目的通りブンゴウメをカメラに納めると、大原みねみち公園へ行った。途中、花壇にコマツナとアブラナの中間種のような菜の花が咲いていた。また、民家の庭にはジンチョウゲが咲いていて、良い香りが漂って来た。大原みねみち公園ではウグイスカグラの花やクロモジの蕾等を探したが絵にならず、ほんの少し咲き始めたミツマタを撮った。ミツマタはガンピとともに和紙の原料として著名である。ともにジンチョウゲ科の樹木である。

zaki-20150305-bungo.jpg
<ブンゴウメ>

<今日出会った主なもの>花/ブンゴウメ、ミツマタ、アセビ、サンシュユ、ウメ、ニホンスイセン、コマツナ等。鳥/モズ、ヒヨドリ、ヤマガラ等。
posted by 花虫とおる at 18:50| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: