2015年04月26日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

昨日の観察会は午後に雨がぱらついて、少し早い解散となったが、今日は安定した晴れとなった。今の季節なら何処へ行ってもあぶれは無いのだが、安近短で確実に成果が上がる茅ヶ崎公園へまた行った。まずはキノコ横丁を覗いたがキノコは皆無だったがスミレが数株咲き、コブヒゲボソゾウムシが下草に止まっていた。そこでキンラを見に行ったが、今が満開で、花芯が見える斜め上方から撮影した。まことワンパターンなのだが、キンランが一番豪華絢爛に見える。

zaki-20150426-kinran.jpg
<キンラン>

次に、アジサイの葉上に注意して歩いたが、ヤツボシハムシ、クロボシツツハムシ、カシワクチブトゾウムシ、クロヒラタヨコバイ等が這っていた。また、1本あるヌルデの幹に、樹肌に擬態したマダラアシゾウムシが、なんと3匹も見られた。その後、クリアナアキゾウムシでもいないかなあとコナラやクヌギの幹に注意しながら散策を続けたが、ウラナミアカシジミの幼虫を発見して嬉しくなった。蝶となって飛ぶまで約1ヶ月はあるのだが、かなり大きく成長していて驚いた。

zaki-20150426-uranamiakashijimi-yochyu.jpg
<ウラナミアカシジミの3齢幼虫>

<今日出会った主なもの>花/キンラン、ギンラン、チゴユリ、ホウチャクソウ、スミレ、ツボスミレ、キツネノボタン、セイヨウタンポポ、オニタビラコ、イモカタバミ、ヤブデマリ、ミツバウツギ等。蝶/ツマグロヒョウモン、コミスジ、テングチョウ、ウラナミアカシジミの幼虫等。昆虫/ヤツボシハムシ、クロボシツツハムシ、コブヒゲボソゾウムシ、カシワクチブトゾウムシ、マダラアシゾウムシ、テントウムシ、クロヒラタヨコバイ等。キノコ/アミガサタケ等。
posted by 花虫とおる at 19:27| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: