2015年05月26日

横浜市緑区横浜動物の森公園

一昨日の午前中は前述したように横浜動物の森公園を散策したが、その時、キビタキが盛んに囀るので、午後も鳥撮り機材に変えて行って見た。キビタキの姿は確認出来たが撮るのは難しかった。その時、サイクリングおじさんに出会って、ヒオドシチョウが発生したとの情報を貰った。そこで今日はヒオドシチョウ狙いで、またしても横浜動物の森公園へ行った。ゼフィルスも撮りたいが、それ以上にヒオドシチョウに惹かれる。何しろ尊敬する真田幸村の鎧と同じ色合いなのだ。

zaki-20150526-hiodoshicho.jpg
<ヒオドシチョウとアカタテハ>

そんな訳で、脇目も振らずに樹液が出ているコナラへ直行した。すると、予想通りヒオドシチョウが吸汁していて嬉しくなった。しかし、羽を閉じている時が多く、開いてもすぐに閉じるし、接近すると飛び立つし、シャッター速度も遅いし、という訳で撮影にはかなり苦労した。ヒオドシチョウは謎多き蝶で、春に現れてエノキに産卵し、6月に羽化して1ヶ月位活動すると姿を消す。すなわち、夏、秋、冬は見られない訳で、この間を何処でどう過ごしているのかは分かっていない。

zaki-20150526-hiodoshicho-rimen.jpg
<ヒオドシチョウの裏面>

<今日出会った主なもの>花/イモカタバミ等。蝶/ヒオドシチョウ、アカタテハ、キタテハ、ルリタテハ、テングチョウ、サトキマダラヒカゲ、クロヒカゲ、キチョウ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミ等。昆虫/ヒラヤマシマバエ、シオヤトンボ、ホソオビヒゲナガ等。鳥/ホトトギス等。
posted by 花虫とおる at 19:13| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: