2015年06月09日

横浜市港北区新吉田町

今日は午前中は雨、午後3時から通院なので散策及びブログアップは無しと思っていた。いわゆる加齢病なので通院しても直りそうも無いのだが、毎日道端自然観察を続けていると飽きて来るし、通院でもしないと駅の方へ行く事もなくなるから、まあ良いのではなかろうか。そんな訳で、朝食後に布団にUターンしたが、快い眠りに落ちる事無しに、1時間程で布団から抜け出した。外を見ると雨は止んでいて道路が乾いているので、しめしめと至近距離の新吉田町へ行った。

zaki-20150609-atomonmarukeshikmikiri.jpg
<アトモンマルケシカミキリ>

まずは前回見つけた昆虫横丁へ直行したが、ああ無常、草刈りが入っていた。そこで、第3京浜都筑インターへ通ずる交通量の多い頭上に木々が被さる歩道を往復した。昨日と同様、散策開始当初はこれといったものは見つからなかったが、ヒメコウゾの幼木の葉に、可愛らしいタバゲササラゾウムシが2匹いた。タバゲとは束毛、ササラとはビン等を洗う為の昔ながらの道具の事である。ヒメコウゾの葉に2ミリ位の穴が開いていたら、タバゲ君の食痕だから要注意である。

zaki-20150609-fujihamushi.jpg
<フジハムシ>

更に歩みを進めると、極小だか初見の粋なカミキリを見つけた。種名が分からなかったが、虫友にアトモンマルケシカミキリと後で教えて貰った。希少種かなと思ったが超普通種らしく、今まで気づかなかったのは極小の為かもしれない。その後、まだ撮影していないフジハムシを見つけてにんまりした。今日は何処でもたくさん見られるマダラアシナガバエやヨツスジヒメシンクイでブログアップかなと思っていたが、かなりの面白い昆虫達が撮影出来て嬉しくなった。

zaki-20150609-tabagesasarazomushi.jpg
<タバゲササラゾウムシ>

<今日出会った主なもの>花/ツユクサ、カタバミ、アカバナユウゲショウ、ムシトリナデシコ、アジサイ等。蝶/スジグロシロチョウ、ムラサキシジミ、ルリシジミ、ベニシジミ、キマダラセセリ等。昆虫/アトモンマルケシカミキリ、フジハムシ、イモサルハムシ、アカガネサルハムシ、クロウリハムシ、タバゲササラゾウムシ、オジロアシナガゾウムシ、コフキゾウムシ、ヒシモンナガタマムシ、マダラアシナガバエ、カノコガ等。
posted by 花虫とおる at 18:49| Comment(0) | 港北区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: