2015年07月30日

横浜市緑区長津田町(仮称)246の森

今日は葛ヶ谷公園の樹液酒場へ行くつもりでいたが、かんかん照りの場所に車を停めて置くのも気になるし、昼食は何故か「かつや」のカツ丼を食べたくなった。そこで、木陰に車を停められて「かつや」にも至近な長津田町の(仮称)246の森へ久しぶりに行った。植木屋さんの畑の縁にはソメイヨシノの大木が数本あって、本当に素晴らしい木陰をつくっている。ここで健康昼寝とも思うのだが、藪蚊が襲って来るかもしれないと心配で、まだ試してはいない。

zaki-20150730-ruriboshikamikiri.jpg
<ルリボシカミキリ>

散策を開始して、その植木屋さんの畑の雑木林に接する場所に、ケヤキとシラカシの伐採丸太が置いてあった。これは有り難いと、ケヤキの伐採丸太を覗いて見るとルリボシカミキリが這っていた。しかし、材が堅いシラカシには、なにも這っていなかった。カシは漢字で書くと木へんに堅い、すなわち「樫」なのだから、カミキリムシやタマムシでも歯が立たないのだろう。そんな訳で幸先はとても良かったのだが、期待したクヌギ林には樹液酒場は無かった。

zaki-20150730-marukamemushi.jpg
<マルカメムシ>

そこで尾根道を更に進んだ先のコナラやクヌギの若木に期待したが、カブトムシの雌とカナブン、コクワカダが見られた。また、幹にはシロスジカミキリの産卵痕がたくさんついていた。その後、木蔭の昆虫横丁へ行くと、極々普通種のマルカメムシが良い場所に止まっていたので撮影した。顔はとても可愛いのである。最後に炎天下を林地蔵のある谷へ下りて行ったが、ヤマユリ、ノササゲ、ヤマホトトギス、ツルボ、オトギリソウ、ヤマハッカ等が咲いていた。

zaki-20150730-kokuwagata-mesu.jpg
<コクワガタの雌>

<今日出会った主なもの>花/ヤマユリ、ノササゲ、ヤマホトトギス、ツルボ、ヤブラン、ヤマハッカ、オトギリソウ、ヘクソカズラ、ヤブカラシ等。蝶/アカボシゴマダラ等。昆虫/カブトムシ、コクワガタ、カナブン、ルリボシカミキリ、コフキゾウムシ、クロウリハムシ、チャバネアオカメムシ、マルカメムシ、ベッコウハゴロモ、アオバハゴロモ、ハキナガミズアブ等。
posted by 花虫とおる at 18:43| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: