2015年08月19日

長野県東御市湯の丸高原(午前)

今朝も陽は射していたが、昨日に比べるとなんとなく弱々しい。雲がかなり発生し陽が遮られる時が多いからある。もちろん今日も安近短だと湯の丸高原へ行った。地蔵峠の駐車場に停まっている車はほとんど無く、登山者もちらほら見られる程度であった。まずは駐車場周辺を散策したが、アカハナカミキリがウドの葉上に静止していた。今日は幸先が良いですなあとカメラに納めて、臼窪湿原を目指して林道を歩き始めたが、ゆっくり歩いても10分もかからずに広々とした湿原に到着した。手前はキャンプ場になっているのだが、お客さんは誰も見られず、すでに夏は終わったようである。

zaki-20150819-noazami.jpg
<ノアザミ>

湿原には大好きなノアザミの群落が広がっている筈であったが、何故だかまばらで、コオニユリは花期が過ぎていた。そんな訳で、期待したノアザミに吸蜜する蝶は、かなり飛び古したオオチャバネセセリが見られただけであった。例年ならクジャクチョウやウラギンヒョウモンが吸蜜しているのだが、見回しても姿が無い。やはり鹿沢高原と同様に蝶が少ないようである。そこで、蝶がいなければ昆虫を探そう戻る途中、キャンブ場の砂利道でキベリタテハとシータテハに各1頭出会った。もちろんカメラを向けて開翅写真を撮ったのだが、砂利の上では絵にならないなあと消去した。

zaki-20150819-akahanakamikiri.jpg
<アカハナカミキリ>

<今日出会った主なもの>花/マツムシソウ、アキノキリンソウ、ゴマナ、マルバダケブキ、アサマフウロ、コオニユリ、ヤナギラン、サワヒヨドリ、ノアザミ、ノハラアザミ、ツリガネニンジン、ウド、シシウド、ワレモコウ、マルバハギ等。蝶/キベリタテハ、シータテハ、ベニヒカゲ、ヒメキマダラヒカゲ、オオチャバネセセリ等。昆虫/アカハナカミキリ、マメコガネ、アキアカネ等。
posted by 花虫とおる at 10:00| Comment(0) | 長野県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: