2015年09月12日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

各地で水害が発生する等、余りにも雨が降り過ぎたが、キノコの発生はどうなっているのだろうかと気になって、茅ヶ崎公園へ行った。今までの経験だと激しい雨より、しとしとぴっちゃんの方がキノコの発生には良いようだが、まずはキノコ横丁へ行って見た。すると、キタマゴタケ、テングタケ、ヒメコナカブリツルタケ等がたくさん生えていた。もちろん、相変わらずニオイコベニタケやカレバキツネタケも見られ、大型のヤマドリタケモドキも発生を再開していた。

zaki-20150912-himekonakaburitsurutake.jpg
<ヒメコナカブリツルタケ>

今日は土曜日なので生態園にちょいと寄ってから、樹液酒場が気になるので大原みねみち公園へ急いだが、コナラ亭にはサトキマダラヒカゲとクロカナブンが吸汁しているだけだった。もちろんキノコも爆生していて、特にウスキテングタケやニオイワチチタケが多かった。最後に尾根道で引き返し、ヤマホトトギスのポイントを覗いて見たら、先週と異なって花がたくさん咲いていた。しかし、キノコでカメラの中は一杯だし、藪蚊に刺されそうなので素通りとなった。

zaki-20150912-tengutake-yokin.jpg
<テングタケの幼菌>

<今日出会った主なもの>花/ヤマホトトギス、ツルマメ、ツユクサ等。蝶/アオスジアゲハ、クロアゲハ、キチョウ、サトキマダラヒカゲ、ムラサキツバメ、ヤマトシジミ等。昆虫/クロカナブン、エサキモンキツノカメムシ、ツクツクボウシ、ウスバキトンボ等。キノコ/ヤマドリタケモドキ、キタマゴタケ、ヒメコナカブリツルタケ、ツルタケ、テングタケ、ウスキテングタケ、ニオイワチチタケ、ニオイコベニタケ、キツネタケ、カレバキツネタケ、キチャハツ、クロアシボソノボリリュウタケ等。鳥/カワセミ等。
posted by 花虫とおる at 18:20| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: