2015年10月03日

横浜市緑区北八朔公園(午前)

いゃー、それにしてもフォルクスワーゲンのディーゼル車の排ガス規制逃れの不正は、詳細が分かるにつれ組織ぐるみの確信犯であったようだ。まことフォルクス・ワーゲンで働く労働者ならびにユーザーはお気の毒である。弱い立場にある者が泣きを見る社会が、あのドイツにあったとは、まったく嫌になってしまう。我が国でも、その程度は別として各種の不正が行われていないようだし、働く者をこき使うブラック企業もあるようだ。こういう話は、気が滅入るので今後御免蒙りたい。

zaki-20151003-koshironosendangusa.jpg
<コシロノセンダングサ>

今日は10月としては、かなり蒸し暑い日となった。そこで日向を散策するのも憚れるし、サイクリングおじさんが観察しているキマダラカメムシのポイントでは、またかなりの数が見られる様になったという。そこで、迷わず北八朔公園へ行った。公園内に入ると先だっての強風で倒れたコウテイダリアを、元に戻す作業が行われていた。やはりかなりの風が吹いたのだ。目的のキマダラカメムシを求めて以前見られたコナラはもちろん、付近も見回したが、今日も影も形も無かった。

zaki-20151003-kimadarakamemushi.jpg
<キマダラカメムシ>

そこで昆虫横丁へ上って行ったが、オジロアシナガゾウムシ、ヤマイモハムシ、キベリクビボソハムシ、アオクサカメムシ、クサギカメムシ、ホタルガ、ヨツスジヒメシンクイ等が見られた。今の時期としてはまさかのハムシが2種類もいたとは驚きである。その後、1時間程昆虫横丁を往復して、公園奥へ降りて行くと、手摺にハラビロカミキリが這っていた。最後に、もう一度キマダラカメムシを探したら、シラカシの幹に成虫が1匹見つかってにんまりした。2度目の再会である。

zaki-20151003-harabirokamakiri.jpg
<ハラビロカマキリ>

<今日出会った主なもの>花/コシロノセンダングサ、アメリカセンダングサ、ママコノシリヌグイ等。蝶/キアゲハ、アカボシゴマダラ、イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、キベリクビボソハムシ、ヤマイモハムシ、クロウリハムシ、キマダラカメムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、アオクサカメムシ、クサギカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、アキアカネ、コノシメトンボ、マユタテアカネ、ハラビロカマキリ、ホタルガ、ヨツスジヒメシンクイ等。
posted by 花虫とおる at 18:33| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: