2015年10月27日

神奈川県川崎市麻生区早野の里

一昨日は北風が吹いて寒かったが、今日は南風で気温が高くなった。加齢とともに気温の変化は身体に堪えるが、寝込んだりする風邪等には罹らないのは有り難い。今日も何処へ行こうかなと思ったが、コバノガマズミやヤブムラサキの実を撮りたいので早野の里へ行った。国道246号線を越さないと見られないのだ。まずはウマノスズクサの生える芝地へ行ったが、きれいさっぱりと草刈りがなされていて、今年は越冬蛹は無しかなと探したら、なんと一個だが見つかってほっした。

zaki-20151027-kobanogamazumi-mi.jpg
<コバノガマズミの実>

次に、野の花横丁へ降りて行ったが、途中、コウヤボウキやヤクシソウが咲いていた。また、「ハチの巣に注意!」との立て看板があって、地元の方によると昨日巣を除去したのだというが、パニック状態のスズメバチがわんさか飛んでいて危険を感じた。期待した野の花横丁は綺麗さっぱり草刈りがなされていた。近年、格安のエンジン付草刈り機が売り出されていて、何処も彼処も草刈りが入って困ってしまう。数年前は、これ程まででは無かったのになあと眉をしかめた。

zaki-20151027-jakoageha-yochyu.jpg
<ジャコウアゲハの蛹>

最後にハンノキ林を散策したが、アキアカネやナツアカネが竹の横柵に止まって日向ぼっこをしていた。また、小道沿いの手摺には、かなりくたびれたハラビロカマキリやアオマツムシの雌が見られ、何故かオオクモヘリカメムシがたくさんいた。そこで今日の目的であるコバノガマズミを見に行ったら、今年は豊作なのか鈴なりに実がなっていて嬉しくなった。コバノとはつくが、その実はガマズミより大きくて丸い。しかし、風が強い為に撮影には時間がかかった。

zaki-20151027-natsuakane.jpg
<ナツアカネ>

<今日出会った主なもの>花/コウヤボウキ、タイアザミ、シロヨメナ、カントウヨメナ、ヤクシソウ、イヌタデ、イモカタバミ等。蝶/ジャコウアゲハの蛹、アカボシゴマダラ、ツマグロヒョウモン、キチョウ、ウラギンシジミ、ムラサキツバメ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、チャバネセセリ等。昆虫/キイロテントウ、オオクモヘリカメムシ、アミガサハゴロモ、ツマグロオオヨコバイ、アキアカネ、ナツアカネ、アオマツムシ、ハラビロカマキリ等。その他/クサギの実、ガマズミの実、コバノガマズミの実、ヤブムラサキの実、ムラサキシキブの実、ピラカンサの実等。
posted by 花虫とおる at 18:49| Comment(0) | 川崎市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: