2015年11月01日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

昨日は早起き昼寝無しの観察会だったから、今日はぐっすり眠ったものの、なんとなく身体がだるい。そこで、近場しか有りませんねと茅ヶ崎公園へ行った。散策を開始すると、まず樹木の幹に時期外れのヒカゲチョウを見つけた。羽化したばかりで羽を乾かしているようである。幼虫越冬だから無理して羽化する事はないのに、何故に今頃と疑問符を持った。次に尾根上へ行ってゴンズイの実を撮り、早々2枚の写真を確保したので手摺昆虫観察に入った。

zaki-20151101-gonzui-mi.jpg
<ゴンズイの実>

今日はアカスジキンカメムシの幼虫、テントウムシ、コミミズクの幼虫が見られた。その後、開園している生態園に入ると、デッキで、カワセミおじさん等が日向ぼっこをしながらカワセミの飛来を待っていた。まこと平和である。生態園ではこれといった被写体は見つからず、再度の手摺昆虫観察をしていると生態園スタッフのKさん、Hさんが小走りでやって来る。お仲間がヒメヤママユを見つけたので、観察しに行くのだという。そこで同行させて貰った。

zaki-20151101-hikagecho.jpg
<ヒカゲチョウ>

<今日出会った主なもの>花/イヌホオズキ、コウヤボウキ等。蝶/ヒカゲチョウ、キチョウ等。昆虫/テントウムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、コミミズクの幼虫、アキアカネ、ヒメヤママユ等。鳥/カワセミ等。その他/ゴンズイの実、ノイバラの実等。
posted by 花虫とおる at 18:18| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: