2015年11月17日

横浜市港北区新吉田町

昆虫横丁に草刈りが入ってから散策する気が失せた新吉田町だが、まあ、木の実草の実位は見つかるだろうと久しぶりに出かけた。いつもの場所に路駐すると、まずは植木屋さんの畑へ行ったが、ウメモドキの実がかなり残っていた。更に進んで丘の上の農耕地へ行くと、ヒメアカタテハ、キタテハ、モンシロチョウ、キチョウ、ベニシジミ、ヤマトシジミ等が見られたが、なかなか良い場所に止まってくれなかったり、近づくと飛び立ったりして撮影には至らなかった。

zaki-20151117-noibara-mi.jpg
<ノイバラの実>

そこで坂を下って昆虫横丁へ寄ってみたが、刈り残された下草の葉上はNO昆虫であった。しからばと尾根へ登って行ったが、コウヤボウキがまだ咲いていた。また、ヒヨドリジョウゴ、ノイバラ、カラスウリの実等が見られたので嬉しくなった。更にマユミがあったので、探しているミノウスバがいるかもと小枝を注視してみると、産卵中のものがかなり見られた。しかし、絵になるようには撮れないので、何処かに移動して貰おうかなあと思ったが、可愛そうなので止めにした。

zaki-20151117-harabirokamakiri-ranno.jpg
<ハラビロカマキリの卵のう>

そんな訳でカメラの中は寂しい限り、今日は写真1枚でブログアップかなと思われたが、杉山神社の方へ歩みを進めると、フキの葉上にツマグロオオヨコバイが、クサギの葉上にオジロアシナガゾウムシが見られた。また、良く陽が当たるモルタル塗の塀には、オオカマキリ、チョウセンカマキリ、ハラビロカマキリ、ヒシバッタ、ハリカメムシが日ぽっこをしていた。また、産んだばかりと思われる、やや緑色のハラビロカマキリの卵のうも産み付けられていた。

zaki-20151117-ojiroashinagazomushi.jpg
<オジロアシナガゾウムシ>

<今日出会った主なもの>花/コウヤボウキ、ノゲシ、コセンダングサ、カントウヨメナ、ハキダメギク、イヌタデ、アカバナユウゲショウ、ホトケノザ、イモカタバミ等。蝶/ヒメアカタテハ、キタテハ、モンシロチョウ、キチョウ、ベニシジミ、ヤマトシジミ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、ウリハムシ、ナナホシテントウ、ハリカメムシ、マルカメムシ、ツマグロオオヨコバイ、アキアカネ、ツチイナゴ、ヒシバッタ、オンブバッタ、オオカマキリ、チョウセンカマキリ、ハラビロカマキリ等。その他/カラスウリの実、ヒヨドリジョウゴの実、ノイパラの実、ウメモドキの実、ジョロウグモ等。
posted by 花虫とおる at 18:08| Comment(0) | 港北区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: