2015年11月18日

横浜市鶴見区三ッ池公園

昨晩から降り続いた雨は、明け方まで上がらなかったようである。これでは下草の葉上は濡れているだろうし、木の実草の実もしずくが垂れている事だろう。しかも、正午を過ぎると雨がまた降るとの事なので、こんな時は水面に浮かぶカモを撮るしかありませんねと三ッ池公園へ行った。昨日のNHKの天気予報で、秋から冬へ移る季節に降り続く雨を、ちょうどその頃咲くサザンカから、サザンカ梅雨と呼ぶと説明されていたが、まこと納得である。

zaki-20151118-suzugamo-mesu.jpg
<スズガモの雌>

いつものように正門の駐車場に車を停めて下の池へ行ったが、今日は杭にハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロが上っていた。池の縁に生えているガマが伸び放題なので、少し手前から撮らなければならい。より鮮明な画像を得る為に、ほんの少しでも鳥との距離を縮めたいのだが、草刈りを待つしかあるまい。今日の下の池には、1羽だがユリカモメが飛来していて嬉しくなった。餌やりが禁止されてから飛来数がかなり減った様に思われる。

zaki-20151118-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

次に中の池に行ったが、前回は羽の間に頭を差し込んで寝ているホシハジロが多かったが、今日はほとんどが目覚めて浮かんでいた。更に岸辺の隅にいる事の多いマガモの雄も、やや沖合に出ていて嬉しくなった。しかし、カイツブリは岸辺近くで、お休みモードに入っていた。たかが池のカモだが天気等に左右されるのだろう。帰り際に、公園に足繁く通う方々による昆虫写真展がパークセンターで開催されていたので、寄ってから車に戻った。

zaki-20151118-hoshihajiro-osu.jpg
<ホシハジロの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/アオジ、マガモ、スズガモの雌、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ、カイツブリ、ユリカモメ等。
posted by 花虫とおる at 14:50| Comment(0) | 鶴見区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: