2015年11月21日

神奈川県大和市泉の森公園

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。11月下旬に入ると天気が心配だが、今日は信じられない程の上天気となった。昨日はどんよりとした雲り、明日も曇りで明後日は雨の予報だから、まこと奇跡的な晴天となった。こんな天気なら成果があろうがなかろうが、お仲間が集まって散策するだけでも楽しいものである。しかし、今一眉をしかめたのは、子供達のマラソン大会が行われていて、駐車場がやや遠い未舗装の所しか利用出来なかった事である。

zaki-20151121-kaitsuburi.jpg
<カイツブリ>

まずは、今回も、ムラサキツバメの集団越冬を見に行った。例年に比べるとやや少ないが、それでも5頭の集団が2ヶ所に見られた。また、同所にあるマユミの木に、ミノウスバがかなりいて思わぬ収穫となった。その後、手摺昆虫観察に入ったが、ハムシダマシ、ヒゲナガサシガメ幼虫、アカスジキンカメムシの幼虫、オオホシカメムシ、カネタタキ、アオマツムシ等が見られた。午前中の散策はあっという間に過ぎ、ムラサキツバメのポイントにて昼食をとった。

zaki-20151121-akasujikinkamemushi-yochyu.jpg
<アカスジキンカメムシの幼虫>

午後からは「しらかしの池」へまずは行ったが、池には、ヒドリガモ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、オオバン等が浮かんでいた。ここから虫隊、鳥隊の2班に分かれて行動したが、虫隊は「ふれあいの森」まで行って引き返した。特に印象に残ったのは、ゴマダラチョウの幼虫が地面に降りようとしていた事と、樹肌に擬態したミドリハガタヨトウが見られた事である。鳥隊はカワセミ、エナガ、ワカケホンセイインコ等で、大いにフィーバーしたようであった。

zaki-20151121-oohoshikamemushi.jpg
<オオホシカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/コセンダングサ、コウテイダリア等。蝶/ウラギンシジミ、ムラサキツバメ、ムラサキシジミ、ゴマダラチョウの幼虫等。昆虫/テントウムシ、キイロテントウ、ハムシダマシ、エサキモンキツノカメムシ、ヒゲナガサシガメ幼虫、アカスジキンカメムシの幼虫、チャバネアオカメムシ、オオホシカメムシ、ツマグロオオヨコバイ、オオヨコバイ、オオアオイトトンボ、ホソミイトトンボ、アキアカネ、アオマツムシ、カネタタキ、オオカマキリ、ハラビロカマキリ、ミドリハガタヨトウ、ミノウスバ等。鳥/エナガ、シジュウカラ、コサギ、アオサギ、カワセミ、ワカケホンセイインコ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、オオバン等。
posted by 花虫とおる at 18:48| Comment(0) | 県  内
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: