2015年12月01日

横浜市緑区長津田町(仮称)246の森

今日から12月に入った。今朝はかなり冷え込んで、一部のものを除いて昆虫達が見られなくなる季節が到来した。もちろん花は咲いていないし、実も萎びたり落下したりして、まことマクロ散策では撮るものがない。そんな訳で何処へ行こうかなと思ったが、お腹に相談すると「かつや」のカツ丼が食べたいとの事なので、至近距離となる長津田町(仮称)246の森へ行った。ちなみに、カツ丼の梅と豚汁の小を頼んでも、100円の割引券があるから558円とお財布にも優しいのだ。

zaki-20151201-sanshyuyu-mi.jpg
<サンシュユの実>

まずは天王鶯林(てんのうおうりん)へ通ずる尾根へ行ったが、撮るものは何も無かったが、何故かご婦人が陽を浴びて体操をしていた。そこで民家の庭先のサンシュユの実をカメラに納めた。その後、林地蔵のある谷に降り、また登って丘の上の栗林に行った。もしかしたらウスタビガが見られるかもと期待したのだが成果はなかった。しかし、ケンポナシの古木があって、独特な形の実がまだついていた。以上、予想通りの貧果に泣いて、クサギの葉痕を撮って引き返した。

zaki-20151201-kusagi-yokon.jpg
<クサギの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/ノゲシ等。蝶/キチョウ等。昆虫/クロスジフユエダシャク、オンブバッタ等。その他/ムラサキシキブの実、マンリョウの実、ナンテンの実、ケンポナシの実、ウメモドキの実、サンシュユの実等。
posted by 花虫とおる at 18:47| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: