2015年12月26日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

昨晩は雨がぱらついたが、今朝は雲一つ無い晴れとなり、風も無く気温も高くなった。そこで茅ヶ崎公園へ行けば、手摺になにかしらの昆虫が這っているのではないかと出かけた。まずは外灯が点在する港北ファミールハイツ横の広場で、木々の幹を見回ったが、これといった昆虫は見られなかった。しかし、早くもウグイスカグラが咲いていて嬉しくなった。暖冬の影響なのか開花が早いようである。また、尾根上のゴンズイの実もまだかなり残っていた。

zaki-20151226-uguisukagura.jpg
<ウグイスカグラ>

次に本命なる手摺昆虫観察に入ったが、生態園横の広場の手摺にミナミトゲヘリカメムシが這っていた。南方系の昆虫で最近北上して来たと言われているが、寒さに強いとは驚きである。その後、生態園上、生態園正門手前の手摺も見回ったが、小さなクモが数匹這っているだけでNO昆虫であった。そこで生態園に入って見ると、とってもフレンドリーなジョウビタキの雌をカワセミに振られた煙草爺ちゃんらが撮影していた。まこと平和である。

zaki-20151226-minamitogeherikamemushi.jpg
<ミナミトゲヘリカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ等。昆虫/ミナミトゲヘリカメムシ等。鳥/ジョウビタキの雌、カワセミ等。その他/ゴンズイの実、ムラサキシキブの実、ノイバラの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:08| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: