2016年01月07日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

今日もまたまたお馴染みの茅ヶ崎公園へ行った。このところ昆虫に出会えず寂しい思いをしているが、茅ヶ崎公園なら手摺昆虫観察やトイレ昆虫観察が出来るので、地味なフユシャクの仲間なら確実に出会える。こうなったら花が咲くまで、各種のフユシャクでもじゅっくり探すしかない。そこで今日は仲町台駅方面へ少し戻って、手摺昆虫観察を試みたら、ナミスジフユナミシャクの雌が、シラカシの幹には、チャバネフユエダシャクの雌が這っていた。

zaki-20160107-manryo-mi.jpg
<マンリョウの実>

次に踵を返して港北ファミール下へ行ったら、マンリョウが撮って下さいとばかりに実をつけていたので撮影した。今の時期、野鳥に啄まれた実が多いから、赤い実となるとマンリョウ位である。マンリョウを無事にカメラに納めると、近くにヤツデが生えていたので葉裏を見ると、クロスジホソサジヨコバイがたくさんいた。その後、例によって生態園前の手摺に行ったが、クヌギカメムシを見つけたものの、歩いてばかりいて撮影には非協力的であった。

zaki-20160107-kurosujihososajiyokobai.jpg
<クロスジホソサジヨコバイ>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ、ツバキ、ニホンスイセン等。昆虫/クヌギカメムシ、クロスジホソサジヨコバイ、チャバネフユエダシャク、ナミスジフユナミシャク等。その他/マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 17:48| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: