2016年01月26日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

今日は午後3時から第12回里山写真クラブ作品展の搬入日なので、午前中のみ近場の茅ヶ崎公園へ行った。昨日も寒かったが、今日はそれ以上に冷え込んで、今季一番の寒さに感じられた。そこで、気温が高いとヤツデの葉裏のクロスジホソサジヨコバイは動き出し、かなり撮影に手古摺るのだが、これだけ寒いとおとなしくしているのではないかと探したら、すぐに見つかった。もちろん予想通り微動だにしないから、楽々ほいほい撮影出来た。

zaki-20160126-kurosujihososajiyokobai.jpg
<クロスジホソサジヨコバイ>

次に生態園前の手摺へ行ったが、こんなに寒いのに、ナミスジフユナミシャク(?)の雌やウスバフユシャク(?)の雌が支柱に這っていた。良く見ると支柱に産卵している個体もいた。更に観察会でも前回も見られたケヤキの大木のチャバネフユエダシャクの雌は、相変わらず同じ場所に見られた。死んでいるようには思えないのだが、としたらかなりの頑張り屋である。最後に尾根のトイレへ行ったが、ウスバフユシャクの雄が貼り付いていた。

zaki-20160126-usubafuyushaku-mesu.jpg
<ウスバフユシャク(?)の雌>

<今日出会った主なもの>花/カワヅザクラ、ツバキ等。昆虫/クロスジホソサジヨコバイ、チャバネフユエダシャク、ナミスジフユナミシャク(?)、ウスバフユシャク(?)等。その他/マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 19:48| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: