2016年02月04日

横浜市港北区新吉田町(午前)

昨日は早くも立春で人並みに恵方巻を食べ豆撒きもしたが、いわゆる暦の上での春到来という訳で、相変わらずマクロレンズ装着の散策では被写体が無い。今年は何故かカマキリの卵のうもイラガの繭も蝶の蛹も少ないように感ずる。そんな訳で、今日も前回と同じくウメやシナマンサクを撮ろうと新吉田町へ行った。まずは、前回とは品種の異なるウメをカメラに納めようと丘の上の植木屋さんの畑へ行ったが、紅梅も白梅も今一つ絵にならなくて撮影を諦めた。

zaki-20160204-shinamansaku.jpg
<シナマンサク>

そこで保険としてオオデマリの葉痕を撮り、路傍の野の花でもと踵を返して、ドックスクール方面に歩みを進めたが、ホトケノザやオオイヌノフグリ、植栽されているニホンスイセンは咲いていたものの、これまた今一であった。その後、杉山神社方面でも行ってみようかとも考えたが、状況に変わりは無いだろうと、再度、丘の上の植木屋さんの畑へ戻って再挑戦したが、シナマンサクはなんとか確保出来たが、やはり梅はNOシャッターに終わった。

zaki-20160204-oodemari-yokon.jpg
<オオデマリの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/ホトケノザ、オオイヌノフグリ、ボケ、シナマンサク、ウメ、オウバイ、ニホンスイセン等。その他/ソヨゴの実等。
posted by 花虫とおる at 19:09| Comment(0) | 港北区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: