2016年02月19日

横浜市鶴見区三ッ池公園

今日は穏やかな晴天で、気温もかなり上がると予報されていた。そこで、前回は曇り日で風がやや強く、おまけに昼前に雨がぱらついて来たから不本意な散策に終わった三ッ池公園に行った。こんな日はきっと下の池の杭の上は各種カモちゃん達で賑やかな筈と踏んだ訳だが、散策を開始し期待して行ってみると、1羽だに杭の上には上がっていなかった。水面すれすれの杭は、さざ波に洗われていた。しかも、風向きからか、かなり遠くに集まっていて眉をしかめた。

zaki-20160219-hashibirogamo-osu.jpg
<ハシビロガモの雄>

しからば「かいぼり」が終わってかなり時間が経ったので、カモが戻って来ているかもしれないと中の池へ行ってみたが、ユリカモメがたったの1羽浮かんでいるだけだった。次に「かいぼり」後だが水位が戻った上の池へ行ってみると、ホシハジロの雄、カルガモ、カイツブリが各1羽、計3羽しか見られなかった。まこと「かいぼり」は水鳥達にはノーサンキューだなあと笑ってしまった。そこで、花の広場の方へ小鳥を探しに行ったが、シジュウカラとムクドリが見られただけだった。

zaki-20160219-kinkurohajiro-osu.jpg
<キンクロハジロの雄>

そんな訳で下の池にとぼとぼ戻ったら、杭にハシビロガモの雄、キンクロハジロの雄と雌、ユリカモメが上っていた。気温が上昇したので杭の上で羽繕いという訳である。そこで良い瞬間を撮ろうと粘った。するとホシハジロの雄がやって来て、「この杭に上っては駄目よ」とハシビロガモを追い払った。ハシビロガモは他の杭に移動して上ったが、また同じホシハジロがやって来て追い払った。そんな事が繰り返されたので、ハシビロガモは沖の方に泳ぎ去ってしまった。

zaki-20160219-kinkurohajiro-mesu.jpg
<キンクロハジロの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/アオサギ、ユリカモメ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、シジュウカラ、ムクドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:24| Comment(0) | 鶴見区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: