2016年03月26日

横浜市緑区新治市民の森

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。しかし、お天気が心配で、NHKの天気予報では12時にお日様マークが一つついているだけの曇りだったが、ヤフーでは午前9時からずっとお日様マークが並んでいた。最近、ヤフーの天気予報は外れる事が多いので当てにならない。駐車場には40分前に到着し、集合場所の池ぶち広場まで降りて行くと、何と何と雪が舞って来たのには驚いた。やっぱり今日の散策はNGかなと思ったが、すぐに止んだのでほっとした。

zaki-20160326-kibushi.jpg
<キブシ>

まずは、今日の観察テーマの一つであるタテジマカミキリを見つけようと、池ぶち広場周辺にあるハリギリの幼木を見て回ったら、有難い事に一匹見つかった。今までたくさんのタテジマカミキリの越冬を見て来ているが、今日のは見事な程に枝に擬態していた。こんな天気だから参加者は少ないかなと思ったが、舞岡公園のお仲間達も参加され、いつにない人数となった。また、空もだんだん明るくなって青空も見え隠れし、陽が時折り射して来たので嬉しくなった。

zaki-20160326-miyamaseseri.jpg
<ミヤマセセリの雌>

そこでミヤマセセリを見に行ったが、しばらくするとあちこちから現れ、落ち葉の上等に静止してくれた。また、驚いた事に羽化したての雌が古杭に止まっていて翅を伸ばしていた。これはラッキーとばかりに参加者交互に撮影したが、地味だと思っていたミヤマセセリの雌がこんなに美しいのかと驚いた。その後、もちろんコツバメも現れてキブシに吸蜜したり、ススキの枯れ穂に止まったりしてくれた。空は雲一つ無い青空となり、ヤフーの天気予報に軍配が上がった。

zaki-20160326-tatejimakamikiri.jpg
<タテジマカミキリ>

昼食は新治交流センターには行かずに、池ぶち広場の藤棚の下で食べた。食後、奥にあるフキの群落に行って目を凝らすと、ヒメギスの幼虫やヤブキリの幼虫が早くも見られた。その後、もう一度午前中と同じコースでミヤマセセリとコツバメを探したが、途中、イボタガの羽を拾った方がいて俄然湧きあがった。コウモリに食べられたのではないかとの事だったが、他にも何処かにいる筈と木々の幹に目を凝らしたが発見出来ず、次回の道端自然観察会の宿題となった。

zaki-20160326-himegisu-yochyu.jpg
<ヒメギスの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/シュンラン、タチツボスミレ、キブシ、クロモジ、ソメイヨシノ、チョウセンレンギョウ、スモモ、ハナモモ等。蝶/コツバメ、ベニシジミ、テングチョウ、ルリタテハ、ミヤマセセリ等。昆虫/タテジマカミキリ、ヒメギスの幼虫、ヤブキリの幼虫、ビロードツリアブ、アシブトハナアブ等。鳥/カワセミ、ジョウビタキの雄、ウグイス、ヤマガラ、カルガモ、ツグミ等。
posted by 花虫とおる at 18:30| Comment(2) | 緑  区
この記事へのコメント
昨日はお世話になりました。
舞岡探蝶団ごまです。
タテジマカミキリ初撮り & 狙っていたミヤマセセリ♀裏が撮れたのが収穫です。
3種の蛾(キバガ2種とナミシャク1種)を撮りましたが、いずれも不明種になりました。
コツバメにも会えていい一日になりました。
解散後、クロヒカゲ幼虫を求めて、もう一回りしましたが当然ながらから振りしました。次の狙いはコツバメ♀裏表。また新治に参ります。
ありがとうございました。
Posted by ごま at 2016年03月27日 07:01
昨日の舞岡探蝶団の皆様のご参加、
心強かったです。
天気も回復してコツバメやミヤマセセリが見られ、
本当にほっとしました。
特に平日の新治市民の森は散策者が少なく、
やりたい放題撮りたい放題探したい放題ですので、
これからもばんばん散策して下さい。
Posted by 花虫とおる at 2016年03月27日 18:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: